漢方スタイルクラブカードが終了。グラフで比較してみた

高還元率の代名詞が終わる

最近では高還元といえば、漢方スタイルクラブカードが主流だったと
思いますが、Reader’sカードに自動的に変更が進められるそうです。

http://www.jaccs.co.jp/service/card_lineup/teikei/kampo/kaitei_2017.html

 

高還元率の代名詞が終わる

最近では高還元といえば、漢方スタイルクラブカードが主流だったと
思いますが、Reader’sカードに自動的に変更が進められるそうです。

http://www.jaccs.co.jp/service/card_lineup/teikei/kampo/kaitei_2017.html

オトクなカードの比較をしてみる

記事を書く前にすでに記事で良いのがないか探したところ有りました。

【悲報】ジャックス系還元率1.5%カード全滅。さらに冬の時代へ

すでに事足りてしまっているのですがせっかくなので、
今や多数ある1%還元カードとの比較をしてみました。

先ほどのブログにもあるように出口戦略が重要ですので一概に比較しても
だめなのですが、それでも参考にればとグラフにしてみました。

いくつか見るポイントがあります。

単純にReader’s Cardの年会費が無料相当になるのは約19万8千円です。
ただ、これでは、年会費のマイナスを穴埋めするための金額でしかなく、
Reader’s Cardを選ぶよりも1%無料カードを選んだほうが還元率が良くなります。

つまり、Reader’s Cardと1%無料カードのグラフの線がクロスするポイントが1%無料カードよりもReader’sカードが
お得になる金額です。30万円がReader’s Cardが1%無料カードに勝てる境目になります。損益分界点とですね。

さらに高還元でほぼ同率になりつつあるリクルートカード(1.2%)と比べるとこちらも年会費が
無視される30万円が境になります。

年間利用額が30万以下であれば、Reader’sはおすすめできません
30万を超えるのであれば、Reader’sでもリクルートカードでもそんなに差はないです。
100万使っても600円しか差が出ないので使い勝手で選んでしまって良いと思います。
1%無料カードなら2000円ほど差が出るので検討してもよいかもと思います。
それでも利用額の0.2%の得でしかないですが。

2017年06月 投資信託 運用成績

またしても一年ぶりの運用記録

気づけば1年ぶりの運用記録です。

前回記録

前回はこうでした。

非NISA(特定預かり)

SBI資産設計オープン(スゴ6) 2010/03 積立開始 +55.98%
ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 2010/09一括購入 -0.88%
SMT 新興国株式インデックス・オープン 2010/12 積立開始+12.72%
SMT 新興国債権インデックス・オープン 2011/01 積立開始+6.41%

NISA

SBI資産設計オープン(スゴ6) 2014/01 積立開始+2.27%
SMT 新興国株式インデックス・オープン 2014/01 積立開始-6.66%
SMT 新興国債権インデックス・オープン 2014/01 積立開始-10.40%

トータルでは-0.43%の損益率です。

今回記録

結局前回、弱気になって解約検討もありましたがそのまま積立維持していました。
何度経験しても悪化したときに耐えるのにはなれないものだなと今更ながらに思ってしまいます。

そしてまた積立という仕組みに感謝・・・。

特定口座

SBI資産設計オープン(スゴ6) 2010/03 積立開始 +65.89%
ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 2010/09一括購入 -6.26%
SMT 新興国株式インデックス・オープン 2010/12 積立開始+39.62%
SMT 新興国債権インデックス・オープン 2011/01 積立開始+13.72%

毎回書いていますが、REITは一括購入の毎月分配なので初期投資額1万円、現在1819万円の
評価額なので評価額 – 初期入金額としてはプラスです。

トータル57.24%の利益率

NISA

SBI資産設計オープン(スゴ6) 2014/01 積立開始+7.60%
SMT 新興国株式インデックス・オープン 2014/01 積立開始 13.30%
SMT 新興国債権インデックス・オープン 2014/01 積立開始- 2.51%

トータル7.6%の利益率

両方をあわせて23%の利益率。

かなりよい成績になっていると思います。国際情勢が不安定な中、
日経平均が2万円前後となっているので、安定化すればもっと上がるし、
悪化すれば一気に下がるという局面かなと思います。

大きく得ることを目的としていないので一旦取り崩す事も考えつつ
検討していきます。

iDeCoもNISAも動きあり

イマイチなiDeCo?

今年からスタートしたiDeCoですが盛り上がりに欠けているようです。

「iDeCo、知らない」8割超 投資知識の不足も鮮明

加速すべく証券会社でも動きがあり、SBI証券では昨日よりiDeCoの
口座管理手数料が無料になります。

以前記事に書きましたが、iDeCoの紹介サイトでも口座管理手数料に
ついて計算されていないなどの親切でない部分が多かったので、SBI証券
の口座管理手数料無料化はよい手だと思います。

過去記事 iDeCoで忘れられがちなコスト

積立NISAの登場

2018年からは通常のNISAとは別に積立NISAが
登場します。

良い記事があったのでご紹介いたします。

積立NISAを現行NISAと比較、そのメリット・デメリットをチェック

記事中にもあるように、一年あたりの金額が少なかったり、
現行のNISAとどちらかしか運用できないなどどうにも使い勝手が
良くない気がします。

個人的には、NISAについては損益通算できない点を重視し、
安定的に利益が得られそうな投資信託ものを中心で利用しています。

その観点からは積立NISAでいいのですが、株式投資
も一部しているのでそうなると積立NISAだと使えない、という
悩ましい状況です。

 

 

 

ポンパレモールがポイントサイトから消えた

リクルート・ポンタ系のショッピングモールサイトがポンパレモールですが
ハピタスなどのポイントサイトでよくポイント還元が用意されていたので活用していました。

しかし、数ヶ月前からどうやらポイントサイトとの提携はやめてしまったようで
どこを探してもポイントサイトで見つけられませんでした。

Yahoo!ショッピングや楽天市場はハピタスで1%還元があるので
商品・送料が同じであれば、ハピタスで買う理由はかなり減ってしまいました・・・。

それでもポンパレモールはポンパレモール自体のポイントの還元が割りと
頻繁に多く開催されていますのでポイントサイトで経由よりもオトクなことも
あるので引き続きチェックしていきたいです。

ちなみに名前が似ていてややこしいですが、最近サービス形態が大きく変わる
と発表されたリクルート系列は共同購入クーポンサイトはポンパレです。
今回のお題のショッピングサイトはポンパレモールです。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

WealthNaviのシミュレーション結果に注意

WealthNaviとSBIが提携

WealthNaviとSBI系金融が提携をしたそうです。

WealthNaviはいわゆるロボアドバイザーサービスですが、
SBI銀行やSBI証券の利用者の場合は、優遇が有り、
通常100万円が最低投資金額なところ、30万円からの
開始ができるようです。

WealthNaviのシミュレーターを使ってみると・・・

わずか6つの質問で、リスク許容度の診断と最適なポートフォリオの提案があるということで
早速やってみました。

WealthNavi

とりあえず、もっとも資産がなく、投資に消極的な情報を適当入力してみると、
毎月1万の投資にも関わらず、70%の確率で元本460万が688万になると表示されました。

グラフの横軸を見ると30年なので30年間の積立だとわかりますが、
毎月1万 x 12ヶ月で年12万の投資のはずですが、30年では360万までしか積み上がらないはず・・・。

よくよく見ると縦軸に初期投資額として100万が積まれていることに気づきました。
もともとSBI以外から購入すると初回は100万円からの投資額なのでここは良いのですが、
保有資産高を1000万などにすると初期投資額が勝手に300万になってしまいます。

毎月の積立の初期投資額が大きいので当然、後々の資産にも大きく影響します。

WealthNaviのシミュレーターを使う際には、初期投資額がいくらで設定された結果か
ちゃんと確認して使ったほうが良さそうです。
自分の想定初期投資額と違う場合は、シミュレーション結果をいじって初期投資額を
100万円まで下げることもできますのでご確認頂いたほうが良いです。

毎月分配再投資の利益の考え方にご注意!

毎月分配再投資の利益

毎月分配再投資の投信は以前ほどではないにせよまだまだ人気があるようです。
私が買った投信は10,000円分買いました。今は評価額は18,000円です。

つまり財布から10,000円だして、買ったものが、売ったら18,000円になる!

つまり利益は8,000円

・・・ と思いますよね。(思わない方はこの記事は無用です)

証券会社のサイトでは赤字に・・・

私の証券会社で損益表示をするとなんと5%も赤字になっています。
このからくりを説明します。

取得単価という項目が購入したときの単価として計算に使われる値です。
紛らわしい言い方ですね。取得単価について詳しくは別記事で。

取得単価 x 保有数 = 取得額 20,000円
現在単価 x 保有数 = 評価額 18,000円

となっていて、私の場合、取得額が評価額より5%高くなっています。

10,000円しか払っていないのに、なぜ取得額が20,000円になっているかというと、
分配金を再投資しているためです。

つまり、私の財布は介していないものの、分配金が一旦私に入り、それを再度
投資にまわしているため、分配されればされるほど、取得額は増えていくのです。

それ以上の成長を見せれれば当然、損益表示は黒字になります。

これって得なの損なの?

前回、簿記の対策で書きましたが、損益は本来個人の感覚に拠りません。
しかし、あくまでもで簿記的な、税務的な話としてです。

10,000円をしばらく放置して18,000円になったら得をした(利益を得た)と
思うのが普通の人の感覚かと思います。

これを実際には20,000円分の投資をしていることになるので
5%の赤字、と表示しているのが証券会社の表示なのです。
同じように、税務署もこのタイミングで売却した場合は株式で5%の
損を出したと判断します。簿記も然り。

これをもとに、投資の指南書などでも分配型を投資効率が悪い
といっていたりします。

投資効率が悪いことは事実ですが、8000円増えた上に、
損として税務署が見てくれるというのは個人から見たら全然
有りだと思います。

[簿記] 1 簿記はじめ 小遣い帳とは違うんです

簿記とは

簿記(ぼき、英語: bookkeeping)とは、ある経済主体が経済取引によりもたらされる資産・負債・純資産の増減を管理し、併せて一定期間内の収益及び費用を記録することである。より平易な言い方をすると「お金やものの出入りを記録するための方法」

Wikipediaにありますが、簡単にいうと帳簿の付けることです。簿記検定は人気資格の一つです。

色々ポイントをまとめたい

私も初学者なのですが、しばらく書いていると「なるほど!」と最初は見えていなかったものが
見えてきたのでそのポイントをまとめてみたいと思いました。

お小遣い帳だけじゃない帳簿

まずはお小遣い帳について振り返ってみます。

典型的なものです。日付があって何をして、収入か支出かに金額を書いて残高を記録する。
ぱっと見るとこれですべて帳簿として十分なんでは?と思われる方もいるのではないでしょうか。

実際のところ、一般家庭ではこれだけでも十分なことは多いと思います。さらに言えば、似たような
帳簿は簿記でも使います。現金出納帳と呼ばれるものです。

しかし、企業の帳簿は現金出納帳だけではありません。現金出納帳はいわゆる財務諸表ですらないです。
「一般家庭では」と書いたのには理由があります。

そもそも帳簿を付ける理由

主に企業が帳簿をつける理由に立ち返るとこれだけで足りない理由がわかります。

  • 株式会社は利益や財産を株主に公開する必要がある
  • 税金を払うために利益を計算する必要がある
  • お金を借りるために財務状況を銀行に見せる必要がある

などなどです。

お小遣い帳だけだと何が起きる?

融資をする側の銀行員になって考えてみましょう。
お金を借りに来た人のお小遣い帳を見ると最終残高は100万円だったとします。

借金が1億だったとすると100万円しか持っていない人には融資はしないでしょう。

しかし、この人が1兆円の不動産を持っていて、有価証券(株など)も1兆円持っていたら
どうでしょう。

確実に貸すかどうかははわかりませんがお小遣い帳の情報だけでは融資しなかった
銀行員も他の資産を見たら融資を検討しますよね。

つまり、金融資産として考えるのには現金の最新情報(つまり残高)だけでは足りないのです。

では何が必要?

  • 現金の増減を記した キャッシュフロー計算書
  • 資産の現状を示した 貸借対照表
  • 損益の増減を記した 損益計算書

が必要です。利用例を上げてみましょう。

今年の上半期の現金の変動を把握したい → キャッシュフロー計算書
キャッシュフローを把握しないと、突然倒産してしまう可能性もあります。

会社で買った車、家、土地などの資産状況を把握したい → 貸借対照表
負債も記録されるので借金なども把握できます。

今年払うべき税額を知りたい → 損益計算書

キャッシュフローと損益って同じじゃないの?

最初の頃は、キャッシュフローと損益が同じことのように思えてなかなか
頭に入らなかったのですが、家庭では損益計算書はほとんど不要なので
イメージが付きづらかったと気づきました。

個人では給料で100円をもらって、この100円を使って、文房具を買っても
所得税は100円に対して払う必要があります。当たり前ですね。

企業では100円の利益を上げていても、100円の事務用品を買ったら
利益は0円となり(基本的には)法人税(個人で言う所得税)は0円になります。

つまり、個人では基本的に損金(税金の計算上、利益を減ったものとして良い金額)がないのです。

しかし、経営をすると、損金の概念があるため、損益計算という概念が必要だと気づきます。

ただ、この例では損益計算が個人と企業で違うことはわかっても、キャッシュフローが
0円で損益計算も0円なのでやっぱり「キャッシュフローと損益が同じなのでは?」に
なってしまうと思います。

損益は「個人の感覚によらない」

もう一つ別の例を示します。

1株100円分の株を持っていたとします。この株が期末に200円分になったとします。
この場合、税務上は100円の利益という計算をすることになります。

株が値上がったとは言え、実際に財布の金額は変わっていないにも関わらず、
利益としては100円増えたと計算するのです。

このように損益という考え方があるため、損益計算書が別途必要になります。
ポイントは「損益は税務上(または会計上)定められている」というものです。

「利益を確定していない以上は利益として私は考えない」というのは
簿記では通用しません。損益は個人の感覚に依存せず決まるようになっています。

これは当たり前の話で、「私の感覚では当社は利益を上げていないので納税しません」
とか「私の感覚では当社は大幅な利益を上げているのでどんどん株を買ってください」
とかを許したら、経済は成り立たなくなります。

大きな一歩ですがまずは損益を必ずルールに従って判断する癖を付けましょう。

株式・投資信託の複利効果

株式・投資信託投資に複利効果はある?

NISAなどの投資などを勧めるサイトでは、投資結果予測ツールを公開しているケースが多いです。
果たしてこれは正しいのかというお話です。

特に複利効果について触れているところが多く、「予測リターンを入力し、30年後に
いくら」と表示するようなものが多いです。

先に複利の説明

複利は利息を投資にさらに組み入れて投資を継続することで得られる利息です。

年10%複利投資
100円投資して1年後に10円を利息として入手。翌年は110円で投資
という状態です。

年10%単利投資
100円投資して1年後に10円を利息として入手。翌年も100円で投資

複利では投資額(とともに資産額)が雪だるま式に増えています。

株式や投資信託でも同じことが言える?

当然同じようにはなりません。まず、価格が上下に変動するためです。
つまり上の例で言えば、110円投資した翌年には利息として11円が期待されますが
株式投資では翌年に1円も価格変動が起きなければ110円のままです。

価格変動は起こりうる、という前提に立ったときに使う指標として、期待リターンが
あります。
確率を使ってあげて、短時間で部分的に発生する上下を意識しないで投資予測を
するために使います。

しかし、期待リターン自体も変動するので、この値を使うこともできません。
多くの一般的な個人投資家の場合は、上振れして税金を大きく取られることは
リスクとして考えていないと思います。

そのため、もし、複利計算をしたいのであれば期待リターンにさらに、突然の
大きな下落などのリスクを織り込んで計算するのが良いでしょう。

期待値を考えると複利として成立しそうですが、価格の上下があるので
長期で投資を考えていないとなかなか複利としての振る舞いをしないと思います。

結論としては
期待リターンが設定できている人にとっては複利としてみなせる
期待リターンを得られるだけの長期での投資を前提としているなら複利とみなせる
というのが私の結論です。

クレジットカードの支払いサイクルを確認するツール

クレジットカードは現金と比べて支払いを遅らせることができるものです。

クレジットカードには締め日と引き落とし日の2つが設定されています。
この締めと引き落としの間が空けば開くほど支払いは遅らせることができ、
いわゆるキャッシュフローの改善につなげることができます。

計算を簡単にするために作ったツールはこちらです。

これを使うことでカード利用日から実際の引き落とし日までの最小日数・最大日数を確認できます。
例えば、アメックスカードは締め日が20日、支払いは翌月10日です。

これを上のツールで確認すると最小で21日間、最大52日間の支払猶予ができます。
最小となるのは締め日当日の20日にカード利用日になった場合です。
最大となるのは締め日の翌日の21日にカード利用日になった場合です。
これは比較的短いです。

一方長いと言われているのがセゾンカードで月末締めの翌々月4日引き落としです。
最小でも35日、最大では66日も支払いを遅らせることができます。

日数だけで見ればわずか14日の差ですが、金額や事業を行っている人にとっては死活問題
になり得ます。

特に1日変わるだけでも現金が増えるフリーランスのような人には大きな違いです。
セゾン系カードは還元率が1%未満だったりするので私は支払いは長く、かつ還元率もよいポケットカードがお勧めです。

法人の場合、受取利息額と通帳の利息額はズレる

通帳のリソク金額

通帳にリソクと記載があった場合、その金額と、
帳簿での「受取利息」の金額は異なります。

ん?と思われるかもしれませんが、記載されている金額は
所得税が源泉徴収された金額になっています。

つまり80円とリソクの記載があった場合には実際には
80円以上の金額が銀行から払われているが、税金を
取られて手取りが80円、という意味になります。

法人だとさらに重要な事がある

所得税は法人にはかかりません。それにもかかわらず銀行は
勝手に「所得税として」源泉徴収をしてしまいます。

その結果、ここで徴収された金額は確定申告で還付されます。

しかし、不親切なもので、この源泉徴収額を簡単に把握できない
事が多いです。

ツールを作ってみた

なんら結果を保証できないのですが、とりあえず作ってみました。
幾つかのサイトで試している限りはあっていそうです。

自己責任ですが興味あればこちらからどうぞ。

法人向け 手取り利息から源泉徴収額を逆算

動かない、計算が違う、などありましたら訂正を添えて報告いただけると
修正に役立ちます。