株式の評価 当座比率と流動性を参考に

投稿者: | 2010年12月28日

先日の倒産予測に証券会社の評価を加えたのでUPします。

Kabu.comとSBI証券(クォンツ・リサーチ)を記載しました。
書いてみると両者の評価値がことごとく異なるようなので調査してみます。

当座比率 100%、流動200%が目安
A社 割安度C 格付けBB 実績-54%
当座比率 202.7%(116.0%)
流動比率 214.8%(163.7%)
株主資本比率 47.7%(39.2%)
(株.com 4.0 割安度が極端に低い1.2、クォンツスコア 48 割安度高い10・成長低い2)

S社 割安度C 格付けB 実績 -22%
当座比率 169.2%(116.0%)
流動比率 188.5%(163.7%)
株主資本比率 58.0%(39.2%)
(株.com 4.3 規模が低い1.7、クォンツスコア 48 割安度高い10・規模とトレンド低い1)

T社 割安度C 格付けA 実績 -15%
当座比率 98.8%(223.6%)
流動比率 111.6%(264.2%)
株主資本比率 14.3%(50.5%)
(株.com 6.0 バランス良い、クォンツスコア 47 成長性と割安度高い10/9・財務健全性低い1)

H社 割安度C 格付けA 実績 -4%
当座比率 275.0%(71.3%)
流動比率 550.0%(124.2%)
株主資本比率 87.0%(42.3%)
(株.com 5.5 バランス良い、クォンツスコア 53 財務健全性10・規模低い1)
参考URL: EDIUNET β2