漢方スタイルクラブカードとその他無料カードを比較

投稿者: | 2014年5月3日

漢方スタイルクラブカードは高還元クレジットカードの代表格です。
その一方で年会費がかかりますので1年あたりいくらいけば他のカードより得なのかは見極めが必要です。

年会費が1500円かかります。これを踏まえても得するかどうかでこのカードを作るかどうかの
基準にしているサイトも有りますが、
実際には1500円分だけで比較するのは妥当ではありません。
無料カードでも1%程度はつくためその差を越える金額を知る必要があります。

例えば10万円ほど利用すると、1.75%カードでは1750円相当くらいの
還元になり年会費は超える額を得ていますますが、年会費分を差し引くと実質250円の還元です。

一方年会費無料1%カードでは1000円分のポイントが手に入っていることになります。

つまり年の利用額が10万円程度では、年会費分は元をとっているものの1%カードよりも
損をすることになります。

実際に表で見るとこんなかんじになります。
漢方スタイルクラブカードは1.75%で計算しています。
1%vs1.75%
これをみてもわかるように、ちょうど年間20万円の利用が壁となります。
一応数式で書くと 年間利用料 X * 1% = X * 1.75% – 1500となるXを求めればよいです。

今回の例で言えば 1500 ÷ (1.75 – 比較対象カードの還元率)で漢方スタイルクラブカードが
優位になる年間利用料が計算できます。
今回は1%カードとの比較なので 1500÷ 0.75% = 20万円となりました。