ソーシャルレンディングは税金が高い?

投稿者: | 2016年6月4日

ソーシャルレンディングは総合課税

maneoやSBIソーシャルレンディングが有名なソーシャルレンディング。利回りが高いので
あまり気にしないかもしれませんが人によって税金が高いかもしれません。

ソーシャルレンディングは雑所得に分類されます。雑所得は総合課税という課税方式です。
総合課税方式は累進課税です。

簡単に言うと、ソーシャルレンディングは給料など同様に儲けるほどに税率が高く設定
されるようになっています。

雑収入で税率が上がらないように注意

累進課税の場合は収入に応じて段階的に税率が上がります。
たとえば年収694万円の人は税率20%です。年収695万円の人は23%にあがります。

そのため、年収694万円の人が2万円を稼いでしまうと23%の税金が給料にもかかってきます。
実際には給与所得控除などもあるので、金額的には不正確な部分がありますが、
こういうことがあり得るというのがお分かりいただければと思います。
正しい理解のためには上記の「年収」を課税所得と読み替えていただければ正しくなります。

所得があがると社会保険料も増えるので、「増えても税率がかわらない」株の配当や利子所得とは
同じでないことは認識しておいたほうがいいと思います。

20万以下なら確定申告不要

雑収入が20万円以下であれば、確定申告は不要で、一律の20%だけ課税されます。
1年間で7%の利回りで20万円を得るためには約285万円の投資が必要なので、そこまで
気にしないでよいかもしれませんが、大金で運用されている方は累進課税に注意が必要です。