LINE株式会社の財務諸表を見てみる

投稿者: | 2016年6月11日

LINEが上場する

上場に向けて有価証券届出書が公開されています。
純損失 -79億円、売上1210億円、営業利益-95億円という状況です。

赤字の実態は?

営業費用は1306億円ですが、その中でも目立つのが従業員報酬費用です。
383億円かかっており、売上の31%も占めています。

前年は20%程度だったため、かなりの増加といえそうです。
約200億円の増額です。

純利益は昨年度よりも約100億マイナスとなっているので上場に向けて
改善を期待したいところです。

また気になった点が役員報酬です。

第4 提出会社の状況の5番目、役員の状況を見ると
役員報酬について判明します。

役員報酬は取締役5名で総額55億、さらに内訳では慎 ジュンホ氏が
52億円という報酬額です。内51億がストックオプションです。

トヨタの役員が17名で17億円という記事がありましたので
このあたりの改善が見込まれない限りは株価も厳しいのでは、と感じました。

大型上場ですので今後に期待です!