投資でのレバレッジの効果とは?

投稿者: | 2016年6月19日

『資産の10倍もの投資が可能』

レバレッジのメリットとは何でしょうか。

外為ドットコムにレバレッジの説明があります。

少ない元手で大きなお金を動かせば、利益も大きくなり

とあります。
つまり、10万円しかなくても、100万円分の金融商品を買うことが
出来ます。

これがメリットです。

元手が少なくてもよい、のメリット

もう少し踏み込んでみます。

元手が少なくてよいと何がメリットでしょうか。

  1. そもそも元手では買えない商品が買える
  2. 資産効率が良い

前者は良くわかると思います。この商品は100万円から!と
言われたら10万円しか持っていない人には買うことすら出来ません。

後者は余剰資金で小額投資をしているとあまり実感しないかもしれません
が、たとえば100万円持っていた場合に、

100万の商品を10万で買うことで、あまった90万を他の投資にまわす
ことが出来る、というものです。

他の投資にまわさないにせよ、手元に90万円残すことで、急な支出
に対応できるというメリットもあります。

このメリットはあなたにとってもメリット?

どのメリットも前提条件があるものです。
もともと十分に資金を持っている場合、メリット1はその人にとって
メリットではありません。元々買えるので。

メリット2についても、もともと100万円分の投資以外の投資や支出
は一切しないことに決めている人の場合は、意味のないメリットと
なります。

そのレバレッジはコストかかりますか?

レバレッジにコストがかからない場合は使って損ということは
あまりないと思います。

よくFXでロスカットの危険性の話に及ぶことがありますが、
レバレッジそのものの危険性ではないです。

ただ、不動産投資などでローンによるレバレッジの場合は
コスト(借り入れ利息)がかかわるので、レバレッジで損、ということも
あったりします。

たとえば1兆円ある資産家が、資産効率を気にしない場合には
1000万円の不動産を買うのにレバレッジをかけてローンを組む
メリットはないといえます。

まとめ

レバレッジのメリットは、資金が十分にある人や、投資効率を気にしない
人にとっては効果がありません。投資の本などであたかもメリットのように記載されていることがピンと
こない場合には前提条件を確認するなどしないと危ないですね。