NISAの投信積立記録 2016/6

投稿者: | 2016年6月20日

2016年6月の成績

NISAでは三井住友Tスゴ6成長、三井住友TSMT新興債券、三井住友TSMT新興株式の三種類を
毎月積立購入しています。

5年間の運用でどこかしらで上がると見込んでNISAにしてみました。

購入を始めて1年半ほどですが、残念な結果が・・・損益率

スゴ6が-0.47%、新興国債券が-12.3%、新興国株式が-16.8%

となっています。

NISAで損すると損?

NISAではない口座で損をした場合、通常口座で運用するよりも損する可能性があります。
これは、NISA口座が損益通産できないためです。

たとえばNISAで100万円の利益が出ても課税されませんが、100万円の
損が出ても、通常口座で1万円でも利益が出ていれば課税されます。

もし通常口座で買っていた場合は、1万円の利益は相殺された上、
確定申告することで、-99万円を3年間利益から相殺に使うことが出来ます。

いずれの商品も平均購入額が山を描いており、積立投信で損する場合の
典型例だといえそうです。

逆に今は買えば買うほど将来の値上がりのための仕込みになっているとも言えるので
耐え時・・・・だと思います。