クレジットカードの支払いサイクルを確認するツール

投稿者: | 2017年2月26日

クレジットカードは現金と比べて支払いを遅らせることができるものです。

クレジットカードには締め日と引き落とし日の2つが設定されています。
この締めと引き落としの間が空けば開くほど支払いは遅らせることができ、
いわゆるキャッシュフローの改善につなげることができます。

計算を簡単にするために作ったツールはこちらです。

これを使うことでカード利用日から実際の引き落とし日までの最小日数・最大日数を確認できます。
例えば、アメックスカードは締め日が20日、支払いは翌月10日です。

これを上のツールで確認すると最小で21日間、最大52日間の支払猶予ができます。
最小となるのは締め日当日の20日にカード利用日になった場合です。
最大となるのは締め日の翌日の21日にカード利用日になった場合です。
これは比較的短いです。

一方長いと言われているのがセゾンカードで月末締めの翌々月4日引き落としです。
最小でも35日、最大では66日も支払いを遅らせることができます。

日数だけで見ればわずか14日の差ですが、金額や事業を行っている人にとっては死活問題
になり得ます。

特に1日変わるだけでも現金が増えるフリーランスのような人には大きな違いです。
セゾン系カードは還元率が1%未満だったりするので私は支払いは長く、かつ還元率もよいポケットカードがお勧めです。