毎月分配再投資の利益の考え方にご注意!

毎月分配再投資の利益

毎月分配再投資の投信は以前ほどではないにせよまだまだ人気があるようです。
私が買った投信は10,000円分買いました。今は評価額は18,000円です。

つまり財布から10,000円だして、買ったものが、売ったら18,000円になる!

つまり利益は8,000円

・・・ と思いますよね。(思わない方はこの記事は無用です)

証券会社のサイトでは赤字に・・・

私の証券会社で損益表示をするとなんと5%も赤字になっています。
このからくりを説明します。

取得単価という項目が購入したときの単価として計算に使われる値です。
紛らわしい言い方ですね。取得単価について詳しくは別記事で。

取得単価 x 保有数 = 取得額 20,000円
現在単価 x 保有数 = 評価額 18,000円

となっていて、私の場合、取得額が評価額より5%高くなっています。

10,000円しか払っていないのに、なぜ取得額が20,000円になっているかというと、
分配金を再投資しているためです。

つまり、私の財布は介していないものの、分配金が一旦私に入り、それを再度
投資にまわしているため、分配されればされるほど、取得額は増えていくのです。

それ以上の成長を見せれれば当然、損益表示は黒字になります。

これって得なの損なの?

前回、簿記の対策で書きましたが、損益は本来個人の感覚に拠りません。
しかし、あくまでもで簿記的な、税務的な話としてです。

10,000円をしばらく放置して18,000円になったら得をした(利益を得た)と
思うのが普通の人の感覚かと思います。

これを実際には20,000円分の投資をしていることになるので
5%の赤字、と表示しているのが証券会社の表示なのです。
同じように、税務署もこのタイミングで売却した場合は株式で5%の
損を出したと判断します。簿記も然り。

これをもとに、投資の指南書などでも分配型を投資効率が悪い
といっていたりします。

投資効率が悪いことは事実ですが、8000円増えた上に、
損として税務署が見てくれるというのは個人から見たら全然
有りだと思います。

毎月分配再投資の利益の考え方にご注意!」への2件のフィードバック

  1. 煙々 のコメント:

    「毎月分配再配当」って造語ですか?「毎月分配再投資」のことと思ってよいです?また、「取得単価」と証券会社の報告書にあるんです?楽天の場合、「個別元本単価」とあります。他の証券会社だと表現が違うのでしょうか?それとも別の観点からの語彙なのでしょうか?

    これって基準価額が下がっているところに再投資することで個別元本単価が下がっており、そして今回の記事のような話があると思います。※記事にあるようなマイナスなら、プラスになるまで特別分配になるだけですし。

    毎月分配型に限らず、投資信託の普通分配金に対する税引き後を再投資することによる税の先払いが効率悪いということだけのような気がします。それ以外の理由ってありますか???

    そもそも投資信託の儲けなんてトータルリターンだけで判断できるものだと思います。敢えてトータルリターンを言及しないのは、何か理由とかあったりします?

    効率の良し悪しと、儲けの話が混ざっていませんか?

    • kaimon のコメント:

      多くの質問ありがとうございます。毎月分配再配当は再投資の間違いでした。修正いたします。
      取得単価はSBI証券で使っている(http://faq.sbisec.co.jp/faq_detail.html?id=11060)単語です。
      各証券会社の用語まで調査はしておりません。
      ちょっと一部質問の意味がわからないところがありますが、当記事では、トータルリターンを
      得だと判断していいのでは、という記事を書いたつもりです。
      税務上ではない、感情的な儲けの価値基準は個人それぞれだと思うという記事です。
      効率の良し悪しと感情的な儲けの基準は人によって異なるので、投資効率中心で記載された文章
      があっても気にしないでもいいのでは、ということを記載してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。