[簿記]3 簿記はじめ 仕訳に挑む

仕訳は基本中の基本

何かお金やモノが動くとき、それを記録する方法が仕訳です。
仕訳を記帳し、それを元に、最終的に損益計算書やバランスシートが
作られます。

日々書く取引のメモと言ってもいいでしょう。

書き方

幾つか例を書きます。※例なので覚えなくていいです

車を現金購入
車両/現金

商品を現金購入(仕入れ)
仕入/現金

商品を売却
現金/売上

株を現金購入
有価証券 / 現金

借金
現金/借入金

借金返済
借入金/現金

こんな感じです。書き方は決められており、
↑に書いてある、車両・現金・商品・利益などは勘定科目
と呼ばれます。取引の項目名です。

仕訳は必ず、対で書かれます。1:1とは限らないですが
数量は必ず左右で合計が一致します。

勘定科目は、左側(借方といいます)か右側(貸方)かの属性を
持っています。

これは決められているものなので覚えるしか無いですが、
貸借科目であれば 左側が資産
右側が負債か純資産
となります。
損益科目であれば左側が費用、右側が収益が属性となります。

どれが貸借科目で、どれが損益科目かなどは
とりあえず慣れてくるとだんだん感覚がついてくるので
当面は単純に仕訳の典型的なパターンを覚えるのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。