[簿記]8 厄介な敵、貸倒引当金

貸したお金は必ず返ってくるとは限らない

お金が返ってこないことはあります。返ってこない可能性があるとしたらそれは正しく資産を表しているとは言えないでしょう。

簡単な例を示すならば、借金まみれで、滞納の常習犯に貸したお金と、十分な資産を持っている人がちょっと小銭が足りないので貸したお金が同じ価値ではないことを別物として認識した方がいいという話です。

貸倒引当金の登場

貸倒引当金は、売掛金などの資産を目減りさせる科目として存在します。
目減りさせる金額は実務上は、実績貸倒率から考えます。

例えば、50%貸倒れる人に対する売掛金100万は、貸倒引当金の概念がないと単純に資産100万円と考えます。
一方、貸倒引当金の概念で考えると、資産は100万(売掛金) – 50万(貸倒引当金)の
50万円の資産として考えることができます。

そのため、バランスシートでは、資産の部にマイナスの科目として記載されます。
あくまでも買掛金などの資産を目減りさせるだけなので、通常の負債とは異なります。

貸倒引当金は資産科目、貸倒引当金繰入は費用項目

貸倒引当金はどうやって、計上されるかというと、費用科目である貸倒引当金繰入を使って計上します。

例えば先ほどのように50万円の貸倒引当金を考えるのであれば、
貸倒引当金繰入 50万 / 貸倒引当金 50万
という記載をします。

費用科目を使って計上することからもわかるように、貸倒金は実際に返ってこなかったら計上するのではなく、年度末に見込みで計上します。

返ってこないかもしれないお金を貸したら、年度末には費用として見込む、
という感じでしょうか。

実際に返ってこなかったことが確定し、その際に、貸倒引当金が足りない場合には貸倒損失として計上します。

まとめ

売掛で100万で販売
売掛金 100万 / 売上 100万

年度末に貸倒金を50万で計上
貸倒引当金繰入 50万 / 貸倒引当金 50万

翌年に40万の売掛金に対する現金支払いと、60万の貸倒が発生
現金 40万 /  売掛金 100万
貸倒引当金 50万 /
貸倒損失  10万    /

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。