[簿記10] 経過勘定も厄介2

仕訳例を見てみよう

未払費用にみる仕訳

翌年度支払う利息で考えて見ます。

1.上半期の最終日に100万円借金。利息は10%を1年後に支払い
現金100万 / 借入金 100万

2.年度末になったタイミング
10万の半分で5万円分を未払費用で計上します。
これにより5万円分損金計算がされます。
支払利息 5万 / 未払費用 5万

3.新年度になったタイミング
未払はあくまで、「今現在の年度中に支払わなかったもの」なので、
新年度になったタイミングで、一度未払費用はリセットされる
未払費用 5万 / 支払利息 5万

4.さらに半年経過(借入から1年)して支払った場合
借入金 100万 / 現金 100万
支払利息 10万 / 現金 10万

3番がわかりにくいかと思いますが、あくまでも未払費用勘定は
半年分の経費を計算するためにあるので、そのまま翌年度中に存在
してはいけないのです。
翌年度期首に逆仕訳(再振替仕訳)が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。