私的税金支払いのまとめ

税金の支払いテクニックをまとめてみた

前回の投稿も踏まえ税金支払い方法をまとめます。
注意:当サイトではnanacoチャージを0.5%還元として書いています。

注意2:ファミペイのチャージ還元については独自に確認しただけなので当サイトで保証できないことご了承ください

税金種別から方法をまとめる

国税

国税には所得税、法人税、法人税などが含まれています。
国税の場合は 国税クレジットカードお支払サイトが有効です。
手数料はかかるものの1%を超えるクレジットカードを持っている場合は得します。ただし、場合によってはnanaco、ファミペイで0.5%還元の方がおとくかもしれないので 国税クレジットカードお支払サイトの決済手数料試算ツールを使って比較してみてください。

例えば40,000円の場合、328円決済手数料がかかるので、0.82%の手数料となります。これに1%還元カードを利用すると403円還元です。
結果、40,328円 - 403円 = 39,925円相当の支払い
一方、nanaco、ファミペイでは0.5%還元なので200円還元となります。
こちらは40,000円-200円 = 39,800円相当の支払い
となるため125円の差額が出ます。
国税の場合は、試算して、nanaco、ファミペイと比較という癖を付けるのが大事だと思います。

国税クレジットカードお支払サイトとnanaco・ファミペイで比較して利用と覚えましょう

地方税

地方税には住民税、固定資産税、不動産取得税などが含まれます。
地方税は大きく3つの方法があります。

  1. Yahoo!公金払い
  2. 自治体独自の支払い
  3. nanaco、ファミペイ

Yahoo!公金払いは対応している自治体、対応していない自治体があるので確認してみてください。 国税クレジットカードお支払サイト同様に手数料がせっていされています。

自治体独自の支払いサイトは自治体によるのでお支払い先の自治体で調べてみてください。

nanaco、ファミペイについては前回の記事の通りです。

 

まとめ

基本的には 「国税クレジットカードお支払サイト or Yahoo!公金払い」vs 「nanaco、ファミペイ払い」です。
支払いのたびに調べてお得な方で納税しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。