ちょびリッチのランク特典

お得なポイントサイト

ポイントサイトを使う方で有名なのはハピタス・ECナビあたりだと思いますが、最近はちょびリッチを使っています。

ちょびリッチのいいところ

利用頻度に応じてランク制度があるところです。ほかのポイントサイトでもランク制度はあるのですが、ちょびリッチの場合は
ちょびリッチ利用歴一年+プラチナ昇格
の両方をどこかのタイミングで満たすと永年ゴールドになります。

■ゴールドランク以上を維持する条件は?
・ちょびリッチを1年以上利用している。
・ちょびリッチ入会後に1回だけでも「プラチナランク」になったことがある。
http://chobirich.info/help/detail.php?a_id=278

ほかのサイトだと大体、先月実績などで一般ランクまで降格したりするのでこれは大きいですね。

現金にポイントを変えることもできるのでそこも気に入ってます。

ちょびリッチの気を付けたほうがいいところ

ちょびリッチの場合は、ポイントの換金率は50%になります。

1000ポイントあれば基本500円相当です。

ここまではよくある話だと思いますが、ポイントサイトに書いてある〇%還元という表記は、ポイント数ではなく金額相当、つまり10%と書かれた買い物があったとすると、1000円分買うとポイントは10ポイントではなく20ポイント得られます。

ポイント数『1%』「商品購入金額1,000円×1%円分=10円分のポイント(20ちょびpt)」小数点以下切捨て
http://chobirich.info/help/detail.php?a_id=101

そのため、ちょびリッチを見ているときに「何円分儲かるんだろう?」とおもったら単純に表記の%をそのまま計算に使えばいいのです。

ランク特典分ポイントは換金率?ポイント還元率?

さて、ここまでくると疑問なのがプラチナランクだと15%、ゴールドランクだと10%と書いてある特典は換金率なのかポイントの還元率なのかということです。

その月獲得した合計ポイント**に対し、ランク別パーセンテージにて特典ポイントを末締め翌月15日に付与
http://chobirich.info/help/detail.php?a_id=278

ここを参考にすると、15%は購入した商品の還元率に加算されるものではなく、月に獲得したポイントに対して15%追加でもらえるということになります。

一か月で150ポイント分買い物をした場合はこんな感じだそうです。

お買い物(150pt×15%):22ポイント

これをベースに例を挙げるとこんな感じです。

プラチナランクにて一か月で1000円分購入。換金率は1%と表記だったとする
⇒ つまり20ポイント還元(10円相当)

この20ポイントに15%が付与されますので3ポイントがボーナスポイントになります。

つまり合計で23ポイントの還元、金額にして11.5円換金となります。

これを逆算すると、プラチナランクの人にとって1000円の買い物は1.15%還元になります。

つまり

還元ポイントに対して還元ポイントがボーナスで着くので、サービス記載の%に0.15を足せばいいことになります。

これですと正直誤差程度なのでほかのサイトでは2%還元、ちょびリッチでは1%還元のサービスがあったら、単純比較ではほかのサイトの方がおいしいということになります。

プラチナ特典は還元率は1%のサービスが16%になるのではなく、1.15%になるというのが大事なポイントです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。