高資産家向け 高還元デビットカード

常時高還元率のデビットカード

クレジットカードにせよ、デビットカードにせよ還元率といえばだいたい1%程度です。

本サイトで紹介する還元率は2%です。しかも還元に関して制限はほとんどありません。

以前、還元カードの条件を書いていました。1点忘れていたので4番目を追加しました。

ルール1.支払は固定的な店舗に限られないものが優れている(利用店舗数ルール)
ルール2.還元は現金に近い使い方できるものが優れている(還元方法ルール)
ルール3.ポイント等の利用期限が長いほうが優れている(還元期限ルール)
ルール4.端数で損をしない。xxポイントまで貯めないと還元できない、xxポイント単位でしか還元できないなど制限がない(端数ルール)

今回紹介するカードはこの条件のいずれもクリアしています。
が、ここで触れられていない大きな制限があり、一気に超難易度なカードとなっています。

常時2%カード

今回紹介するカードは還元率のスペックはこちらです

  • 還元率2%
  • ほとんどの店・オンラインストアで利用可能(VISAデビッドカード)
  • 還元方法は自動的に翌月にキャッシュバック

どうでしょう。ここまで高還元なカードは無いと思います。
カード名はSony BankWalletです。
名前のとおりSony銀行が発行しているデビットカードです。

2%還元への条件

Sony Bank Walletは通常は0.5%還元しかありません。
2%還元となる問題の条件ですがこちらです。

Sony銀行が実施している優待プログラム Club Sのプラチナクラスの特典です。

月末の外貨預金残高(円換算額) + 月末の投資信託残高 +
20日時点の 「WealthNavi for ソニー銀行」の資産評価額 (円換算額)
が1000万円です。

いかがでしょうか。1000万円の日本円資産であればまだ可能な方もいると思いますが、こちらの条件ではかなり厳しいのではないでしょうか。さらに実際にデビットカードで利用する予定の円預金口座への残高はこれとは別に必要です。

手っ取り早いところで、国内債券の信託に1000万円かなと思いますが1000万円をポンと出せるような高資産家でないと1000万円分(円預金に対して)リスク資産を保有し2%の還元を得るメリットが出ないと思います。

さらに+2%もいける

以前紹介したKyashを使うことで、2%分追加し、4%還元カードとして使うことも可能です。

ハードルはとても高いですが、1000万円程度は何てこと無いよ、という方であればお勧めのカードです。

Paypayなどキャッシュレスサービスの期間限定キャンペーンにはさすがに敵わないですが、
2019年6月以降、PaypayはYahoo!カードと組み合わせて3%還元になります。
支払方法の限られるPaypayなので還元率で下回る時点で利用価値は大きく下がります。

利用先に制限を加えればさらに+0.5%もいける

楽天PayとPaypayは支払元にKyashを入れられます
そのため、そのどちらかが使える店舗の場合には4.5%還元ということが可能になります。

Sony Bank Walletが2%の人のための基本ルール

基本的にはKyash+Sony Bank Walletを軸に組み立てます。最悪Sony Bank Wallet 単体で2%カードです。

Kyash 限度額(月12万、一回5万)以内であればKyashを利用→+2%カード相当
楽天Pay、Paypay利用可能店
→+0.5%カード相当

基本的にはKyashで支払い、楽天Pay、Paypay加盟店であればそちらを利用となります。

Kyashに限度額がきた場合は、Paypay+Yahoo!カードで利用が3%で次点となります。

ふるさと納税などでKyashが使えない場合は、楽天Pay+Sony walletなどで2.5%です。



クレジットカード活用まとめ 2019/3

ポイントなどフル活用でお得な生活

いいクレジットカードの活用などを自分なりにまとめてみます
ポイントは個人情報や購買履歴を集めるための見返りといわれることもありますのでその辺りは自己責任と思っています

クレジットカードの基本構成

私のまとめルールはできるだけ購入先が限定されないものにしています。

基本ルール

ルール1.支払は固定的な店舗に限られないものが優れている(利用店舗数ルール)
ルール2.還元は現金に近い使い方できるものが優れている(還元方法ルール)
ルール3.ポイント等の利用期限が長いほうが優れている(還元期限ルール)

逆に言えば、特定の店舗でのみ高還元率というものはこのページでは除外しています。

鉄板構成

Kyash 既存のクレジットカードのポイントバックに+2%をしてくれる
Reader’s Card JACCSのクレジットカード 1.257%

鉄板の解説

Kyashは使える限り使うのが得です。一番使いたいクレジットカードをチャージ先にすることで+2%のキャッシュバックになります。

1%のクレジットカードをKyashに登録して、Kyashで支払えば合計3%分のバックになります。

Kyashの還元がKyash残高であることもポイントが高いです。Kyash残高はKyashの残高として使えるものなので使える先はVISAで払える店舗すべてになります。(還元方法ルール)

Kyashは使うだけで2%アップするというメリットがありますが、1日あたり5万、月15万という制限があります。利用先も税金等の支払は対象外です。
さらにIC非対応なので利用できないこともあります。自販機での定期券などは買えないと思います。

クレジットカードについては最近はだいたい1%程度になるので好みのものでよいと思います。Reader’s Cardは1.257%ですが最近は日曜限定で1.6%還元をしているので使い勝手が良いです。還元は請求額から値引きできるポイントです。 (還元方法ルール)

還元率2%のクレジットカード(正確にはVISAデビッド)としてはSony Walletがありますが、2%への上限は1000万の預け資産が必要な上、普通円預金ではないのでかなりハードルは高いです。

さらに+0.5%追加

楽天ペイではクレジットカードを登録して利用することができます。
楽天ペイにKyashを登録することでさらに0.5%の楽天ポイントが付与されます。楽天ペイ→Kyash→Reader’sカードで3.757%として利用ができます。

Kyashを発行する方はすぐたまから登録お願いします。

10月末まで!仮想通貨ビットマイル無料配布中!

Kyashが使えない買い物でのお得方法

モバイルSuicaへのチャージ

SuicaでのチャージはKyashは利用自体は可能ですがキャッシュバックがありません。そのため使うことは無いでしょう。
一方Viewカードによるチャージは1.5%の付与されます。
付与ポイントは使い勝手は他のカードほど良くないですが還元されるものが少ないので仕方ないかと思います。還元性の悪さで割引いて評価してもSuicaでの買い物がすべて1%バックと思えば十分かと思います。

[簿記10] 経過勘定も厄介2

仕訳例を見てみよう

未払費用にみる仕訳

翌年度支払う利息で考えて見ます。

1.上半期の最終日に100万円借金。利息は10%を1年後に支払い
現金100万 / 借入金 100万

2.年度末になったタイミング
10万の半分で5万円分を未払費用で計上します。
これにより5万円分損金計算がされます。
支払利息 5万 / 未払費用 5万

3.新年度になったタイミング
未払はあくまで、「今現在の年度中に支払わなかったもの」なので、
新年度になったタイミングで、一度未払費用はリセットされる
未払費用 5万 / 支払利息 5万

4.さらに半年経過(借入から1年)して支払った場合
借入金 100万 / 現金 100万
支払利息 10万 / 現金 10万

3番がわかりにくいかと思いますが、あくまでも未払費用勘定は
半年分の経費を計算するためにあるので、そのまま翌年度中に存在
してはいけないのです。
翌年度期首に逆仕訳(再振替仕訳)が必要となります。

[簿記9] 経過勘定も厄介

取引は年度末に終わるとは限らない

会計は一年間で締めて、税金を納めるというのが常識です。

年度が始まり6ヶ月経った時点で、借金をし、1年後に
返済をしたとします。例えば100%の利息だとすれば
100万を借りたら翌年度に、利息を100万円返す必要があります。

経過勘定は、年度末までで、経過した分をきちんと勘定に起こす
ことを指します。

この場合、経過勘定をしない場合、借金をした年には
利息50万円分は発生してないような会計になってしまいます。

実際には金銭の支払いは発生していないものの、本来コストは
かかっているので、借りた年にも50万円分かかる費用計算を
しないと正しい会計とは言えません。

つまり、
経過勘定なしだと、初年度コスト0円、翌年度コスト100万円
経過勘定ありだと、初年度コスト50円、翌年度コスト50万円
となるのです。

どちらが正しく会社の成績を表しているかは一目瞭然かと思います。

そんなわけで、経過した分だけ計算をするのが経過勘定と言います。
経過勘定に含まれるのはこの4つです。
未払費用
利を得ているのにまだ払っていない費用。まだ支払日が来ていない利息など
未収入金
サービスを提供しているのにまだ得ていない利益。受取日が来ていない受取家賃など
前払費用
サービスを受けていないのに払っている費用。前払制の保険支払金など
前受収益
サービスを提供してないのに得た利益。先払いのサービスを提供した場合。

実際の仕訳方法は次の記事で。

ふるさと納税とYahoo!カードの相性がいいかも

ふるさと納税でさらに得ができるか

ふるさと納税は元々税額控除になるためお得な制度
です。

さらにクレジットカードを使うとそのポイントがお得です。
クレジットカードには、漢方スタイルクラブカードや
リクルートカードプラスがnanacoチャージとの絡みもあり
お得です。

nanaco関連記事

リクルートカードプラスが9月でnanacoチャージにポイント付与を
やめてしまったので、後継が探されているかと思います。

ふるさと納税全般ではないですが、ふるさとチョイスを使うので
あれば少し得ができます。

Tポイントは期間限定ポイントも公金払いに使える!

Tポイントでさまざまなキャンペーンで期間限定ポイントを
もらうことがありますが、利用先は限られています。

そのうちのひとつにYahoo!公金払いがあります。

Yahoo!カードは作成時にTポイントの期間限定ポイントが付与
されるキャンペーンをやっています。

これをYahoo!公金払いに使うことが出来ます。
当然Yahoo!カードの利用で得られるTポイントも使うことが出来ます。

税金支払をYahoo!カードによるnanacoチャージで利用。1%付与
このポイントを利用して漢方スタイルクラブカードでふるさと納税
を実施、Tポイントを利用などという形をとることが出来ます。

実際に計算してみる

税金支払に10万円、ふるさと納税に1万円分で考えると

税金支払をYahoo!カード払い(nanaco利用)してTポイントで1000pt取得、
ふるさと納税にこのポイントを利用して残金を漢方カードで払うと
Jデポで24pt(120円分)取得することとなります。

つまり、約1000円引きの約10万9千円で11万円分の支払いができます。

もちろんYahoo!カード以外にもnanacoチャージでポイント付与がある
カードはあります。しかし換金性は漢方スタイルクラブカードが良いです(ただし0.5%)。
他のカードはリクルートカードや楽天カードは1%還元ありますが換金性が低いので
まず誰でも毎年利用しそうな公金払いで使えるTポイント付与は換金性の観点で
良いのではと思います。
仮に漢方スタイルクラブカードで納税もしてしまうと、
漢方カード払い(nanaco利用)でJデポ50pt(250円相当)、
ふるさと納税の支払還元にこのポイントを利用して漢方カードで払うと
Jデポで24pt(120円分)取得することとなります。

つまり約300円引きにしかなりません。

もちろんリクルートカードでポンタを元々使っている人、楽天カードで楽天市場を
元々使っている人には関係ないですが、公金払いでも使えるTポイントはありがたいです。

同一銘柄を購入した時の取得単価の計算

ご注意
記事の内容は国税庁の No.1466 同一銘柄の株式等を2回以上にわたって購入している場合の取得費
を個人的理解で説明しているものです。国税庁の内容のほうがより正確ですので正しくはそちらをご参照ください。

また、税金・手数料は例に含めておりません。特に端数計算は正確にやるとかなり面倒なため
省いております。あくまで参考にしていただく程度がオススメです。

同一銘柄を複数売買した時の損益を計算してみる

私は積立投信をしていますが、自分でExcelでも損益計算などを記録として残しています。

ある銘柄を2回に分けて購入し、その一部を解約した時の損益計算をしてみます。
全額売却であれば、損益=戻ってきたお金 – 使ったお金で簡単なのですが、一部解約などをすると
簡単には正しい利益がわからなくなってしまいます。また税金も今回紹介する利益を軸に
徴収されることになるため計算は自分でもある程度理解したほうが良いかと思います。

例としてSBI資産設計オープンの例で考えてみます。やや古い時期ですが2014年を例にします。

2014/10/17  基準価額11,947円を1万円分購入。口数8,370を取得。
2014/11/17   基準価額13,257円を1万円分購入。口数7,543を取得。
2014/12/08 基準価額13,861円で9,000口を売却。売却受取金額 12,474円。
2014/12/17  基準価額13,280円で1万円分購入。口数7,530を取得。

例はこのぐらいにして、実際に損益を計算してみましょう。
当然ですが、損益は 売却受取金額 – (売却分の)購入受け渡し金額 になります。

2014/12/08の売却金額は12,474円です。では損益計算に使う受け渡し金額はいくらでしょう?

☓ 10月分と11月分で渡した合計2万円
☓ 売却分の9,000口は10/17の全部8,370口+11/17の一部1,630口なので1万+2,160=12,160円
☓ 12/8の基準価額の13,861円

上の3つはいずれも間違いです。

損益計算には購入分の金額計算が必要

売却相当分購入金額(取得費)は 売却した口数 ☓ 相当する購入単価で計算できます。
上記の例では、いずれも購入金額の単価計算が間違っています。
取得単価(平均購入価額)という考え方を使い、正しくはこのように計算します。

10月購入時点での合計受け渡し額10,000 ÷ 口数8,370 = 取得単価 11,947円
11月購入時点での合計受け渡し額20,000 ÷  口数15,913 = 取得単価 12,569円(端数切り上)

そして、12/8の売却時の単価もこの取得単価である12,569円を使う事になります。

そのため、例では9000口 ☓ 1.2569 = 11,312円が売却分の購入金額に相当します。
結果、損益計算は12,474 – 11,312 = 1,162円となります。

さらに12/17分購入で取得単価がどうなるかまで見てみましょう。
先ほどの売却で、11,311円は売却済みとして扱われますので、
12/8の売却完了後には合計購入額は20,000 – 11,312円 = 8,688円が使われます。

12/17で追加の購入をしており、1万円を追加出払うので合計購入金額は18,688円、
総口数は6,913 + 7,530 = 14,443口。そのため取得単価は18,688/14,44312,940円(端数切り上)となります。

Excelで計算するための表

これらを踏まえて私はこんな表で計算しています。

A1 B C D E F G H
2 日付 標準価額 口数 受け渡し金額 合計口数 合計受け渡し額 購入単価
3 2014/10/17 11,947 8,370 10,000 8,370 10,000 11,947
4 2014/11/17 13,257 7,543 10,000 15,913 20,000 12,569
5 2014/12/8 13,861 -9,000 6,913 8,688 12,569
6 2014/12/17 13,280 7,530 10,000 14,443 18,688 12,940

青字は手入力ですが、それ以外は計算で算出しています。

FはD列の合計を計算するだけです。GとHはやや工夫が必要です。
Gは口数がマイナス(売却)の時には、購入金額分引く計算をしないといけないです。
具体的にはD列がマイナスだった場合に、前行 – 取得単価 ☓ 口数 という式を入れています。
G5で言えば = if(D5>0,G4+E5,G4-H5/10000*D5*-1)となります。

Hも口数がマイナスの時は、前行と変動なし、プラスの時はG÷Fの値を入れるようにします。
H5で言えば、=if(D5>0,G5/F5*10000,H4)となります。※正確にはroundupで端数切り上にしています

いかがでしょうか?わかりづらい点があればコメントをお願い致します。

金利を比較するツール

損をしないために

銀行金利を比較しているとたまに比較の難しいケースがあります。
例えば、普通預金で0.1%と1週間定期で0.1%ではいくら得かなどです。

比較は手間なので簡単なツールを作ってみました。

金利算出

先程の例で計算してみると、13日間預けるのであれば普通預金の方がお得です。
複利がつく分定期のほうが得な気がしていてもこういうケースもあるのです。

100万円を
普通定期 13日間 預けると、28円の利息が付きます
1週間定期では13日間だと、16円しか利息が付きません。

何日間、いくら預けるのかを入力すると結果がでます。
計算に間違いがあった場合も責任は取れませんが、ちょっとした参考になったら嬉しいです。

3000円分のAmazonギフト券購入で500円分プレゼント 2015/7/31まで!

3500円以上Amazonで買う予定の人はぜひ使いたい

エントリーした方限定でAmazonが500円分のキャンペーンを実施しています。
もちろんギフトといっても自分で使うのもOKです。

3500円以上のものをAmazonで買う予定がある人は使ったほうがお得だと思います。

Amazonの応募ページにもあるようにまずはサインインしてからエントリーをしてから買う必要があるようです。

詳細は公式ページをみて注意事項に注意しながらエントリーしてみてください。

漢方スタイルクラブカードがnanacoカードの還元率を大幅減

nanacoチャージの還元率が7分の1に減額

今までは2000円ごとに7ポイントだったものが2015年6月1日利用分以降は1ポイントに減額となるそうです。
Jデポ還元(天引き請求)で考えると、2000円利用すると5円分の還元と大幅減額となりました。0.25%還元です。改悪といわざるを得ません。

ポイント利用の敷居は低く

改善も見られており、必要ポイントは500ポイント~だったのが300ポイントからに変更されます。こちらは減額より一足早く2015年3月1日から開始するようです。
nanaco利用以外で見れば純粋な改善です。
今までは最低還元するには144,000円の利用が必要でしたが、(nanaco以外の場合)86,000円からで還元ができます。nanacoだけで最低還元額に達するには60万円の利用が必要になります。

移行先の検討

数は少ないもののさまざまなものがあります。

よくあがっているのはリクルートカードです。プラスなら2%の高還元です。しかし現金相当の還元方法はなく、Pontaポイントが一番近いかもしれません。
ついでソフトバンクカードです。こちらは1%還元で、キャッシュバックも選べます。キャッシュバック(支払額からの天引き)のときは手数料3%が乗るので0.97%還元となります。
さらに続いて楽天カードのJCBブランドでしょうか。こちらも1%還元です。現金相当はないと思います。

現金とポイントでは価値が同じではないのでソフトバンクがよいかなと思っています。

申し込みリンク

楽天カード nanacoでポイント加算はJCBのみ
ソフトバンクカード
リクルートカード

AmazonとiTunesをお得に使う

Amazon購入で経由ポイントをつける

Amazonはあまり経由ポイントサイトがないのですが、2サイトで経由ポイントがつきます。

残念ながら2015/6/30でハピタスによるポイント付与は終わってしまいました。
JACCSモールが知る限りは唯一のポイントサイトです。以降の記事はそれ以前のものです。

JACCSモールハピタスです。

JACCSモールは漢方スタイルクラブカードなどJACCSカードを持っている場合にお得です。
漢方スタイルクラブの場合、現在Amazonは追加でJACCSのカードに加えて0.5%ポイントがもらえます。

ハピタスでは期間限定としていますが、1%還元をしています。JACCSのカードを持っている人も今は
ハピタスがお得ということになります。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

iTunes利用で経由ポイントをつける

iTunesについては、多数のポイントサイトが利用できますが、JACCSモールの3.5%が一番お得だと思います。
ほかにもiTunesカードを買うこともあると思いますが、その場合はヤフオクやコンビニなどのキャンペーンを探してもよいと思います。

小額の場合はJACCSモールでよいかもしれません。