高資産家向け 高還元デビットカード

2019/5/6作成、2019/9/7更新(kyash改悪に伴い変更)

常時高還元率のデビットカード

クレジットカードにせよ、デビットカードにせよ還元率といえばだいたい1%程度です。

本サイトで紹介する還元率は2%です。しかも還元に関して制限はほとんどありません

以前、還元カードの条件を書いていました。1点忘れていたので4番目を追加しました。

ルール1.支払は固定的な店舗に限られないものが優れている(利用店舗数ルール)
ルール2.還元は現金に近い使い方できるものが優れている(還元方法ルール)
ルール3.ポイント等の利用期限が長いほうが優れている(還元期限ルール)
ルール4.端数で損をしない。xxポイントまで貯めないと還元できない、xxポイント単位でしか還元できないなど制限がない(端数ルール)

今回紹介するカードはこの条件のいずれもクリアしています。
が、ここで触れられていない大きな制限があり、一気に超難易度なカードとなっています。

常時2%カード

今回紹介するカードは条件付きですが高還元率でスペックはこちらです

  • 条件を満たすと還元率2%
  • ほとんどの国内店・オンラインストアで利用可能(VISAデビッドカード)
  • 還元方法は自動的に翌月にキャッシュバック

どうでしょう。ここまで高還元なカードは無いと思います。
カード名はSony BankWalletです。
名前のとおりSony銀行が発行しているデビットカードです。
対象サービスは国外サービスをのぞく程度でかなり広範囲です。
実績ベースなので当方で保証は出来ないですが「国税クレジットカードお支払サイト」での所得税納付でも還付されました。

2%還元への条件

高還元には条件があると書きました。Sony Bank Walletは通常は0.5%還元しかありません。
2%還元となる問題の条件ですがこちらです。

Sony銀行が実施している優待プログラム Club Sのプラチナクラスの特典です。

月末の外貨預金残高(円換算額) + 月末の投資信託残高 +
20日時点の 「WealthNavi for ソニー銀行」の資産評価額 (円換算額)
が1000万円です。

いかがでしょうか。つまり日本円の預金はゴールド・プラチナステージの判定材料に入っていないのです。
1000万円の日本円現金資産であればまだ可能な方もいるかもと思いますが、こちらの条件ではかなり厳しいのではないでしょうか。また当たり前ですがさらに実際にデビットカードで円を利用するので円預金口座への残高はこれとは別に必要です。

手っ取り早いところで、国内債券の信託に1000万円かなと思いますが1000万円をポンと出せるような高資産家でないと1000万円分(円預金に対して)リスク資産を保有し2%の還元を得るメリットが出ないと思います。
信託の場合でも1000万円から値下がりすれば結局対象外になります。

さらに+2%もいける(2019/10以降は+1%)

以前紹介したKyashを使うことで、2%分追加し、4%還元カードとして使うことも可能です。※2019/10からは1%分の追加の3%還元に減ります

ハードルはとても高いですが、1000万円程度は何てこと無いよ、という方であればお勧めのカードです。

Paypayなどキャッシュレスサービスの期間限定キャンペーンにはさすがに敵わないですが、
2019年6月以降、PaypayはYahoo!カードと組み合わせて3%還元になります。
支払方法の限られるPaypayなので還元率で下回る時点で利用価値は大きく下がります。

利用先に制限を加えればさらに+0.5%もいける

楽天PayとPaypayは支払元にKyashを入れられます
そのため、そのどちらかが使える店舗の場合には4.5%還元ということが可能になります。※2019/10からは1%分の追加の3.5%還元に減ります

Sony Bank Walletが2%の人のための基本ルール

基本的にはKyash+Sony Bank Walletを軸に組み立てます。最悪Sony Bank Wallet 単体で2%カードです。

Kyash 限度額(月12万、一回5万)以内であればKyashを利用→+2%カード相当
楽天Pay、Paypay利用可能店
→+0.5%カード相当

基本的にはKyashで支払い、楽天Pay、Paypay加盟店であればそちらを利用となります。

Kyashに限度額がきた場合は、Paypay+Yahoo!カードで利用が3%で次点となります。

ふるさと納税などでKyashが使えない場合は、楽天Pay+Sony walletなどで2.5%です。



クレジットカード活用まとめ 2019/3

ポイントなどフル活用でお得な生活

いいクレジットカードの活用などを自分なりにまとめてみます
ポイントは個人情報や購買履歴を集めるための見返りといわれることもありますのでその辺りは自己責任と思っています

クレジットカードの基本構成

私のまとめルールはできるだけ購入先が限定されないものにしています。

基本ルール

ルール1.支払は固定的な店舗に限られないものが優れている(利用店舗数ルール)
ルール2.還元は現金に近い使い方できるものが優れている(還元方法ルール)
ルール3.ポイント等の利用期限が長いほうが優れている(還元期限ルール)

逆に言えば、特定の店舗でのみ高還元率というものはこのページでは除外しています。

鉄板構成

Kyash 既存のクレジットカードのポイントバックに+2%をしてくれる
Reader’s Card JACCSのクレジットカード 1.257%

鉄板の解説

Kyashは使える限り使うのが得です。一番使いたいクレジットカードをチャージ先にすることで+2%のキャッシュバックになります。

1%のクレジットカードをKyashに登録して、Kyashで支払えば合計3%分のバックになります。

Kyashの還元がKyash残高であることもポイントが高いです。Kyash残高はKyashの残高として使えるものなので使える先はVISAで払える店舗すべてになります。(還元方法ルール)

Kyashは使うだけで2%アップするというメリットがありますが、1日あたり5万、月15万という制限があります。利用先も税金等の支払は対象外です。
さらにIC非対応なので利用できないこともあります。自販機での定期券などは買えないと思います。

クレジットカードについては最近はだいたい1%程度になるので好みのものでよいと思います。Reader’s Cardは1.257%ですが最近は日曜限定で1.6%還元をしているので使い勝手が良いです。還元は請求額から値引きできるポイントです。 (還元方法ルール)

還元率2%のクレジットカード(正確にはVISAデビッド)としてはSony Walletがありますが、2%への上限は1000万の預け資産が必要な上、普通円預金ではないのでかなりハードルは高いです。

さらに+0.5%追加

楽天ペイではクレジットカードを登録して利用することができます。
楽天ペイにKyashを登録することでさらに0.5%の楽天ポイントが付与されます。楽天ペイ→Kyash→Reader’sカードで3.757%として利用ができます。

Kyashを発行する方はすぐたまから登録お願いします。

10月末まで!仮想通貨ビットマイル無料配布中!

Kyashが使えない買い物でのお得方法

モバイルSuicaへのチャージ

SuicaでのチャージはKyashは利用自体は可能ですがキャッシュバックがありません。そのため使うことは無いでしょう。
一方Viewカードによるチャージは1.5%の付与されます。
付与ポイントは使い勝手は他のカードほど良くないですが還元されるものが少ないので仕方ないかと思います。還元性の悪さで割引いて評価してもSuicaでの買い物がすべて1%バックと思えば十分かと思います。

KyashでモバイルSuicaが対象外に

使わない手はないKyash

Kyashは送金サービスですが、Visaデビッドとして利用することができます。
ポイントは2つあります。1つ目はKyashの利用で2%のKyash残高をもらうことができます。Visaデビッドとして使えるので、実質現金還元と言えます。2つ目はチャージ方法です。チャージにクレジットカードを使うことができます。1%ポイント付与のクレジットカードを使うのであればクレジットカードの1%とKyashの2%の合計3%相当を得ることができます。

Suicaでも利用できていた

モバイルSuicaのチャージにKyashを使うことができました。結果、通常のクレジットカードチャージにさらに2%加えた形でSuicaが利用できるという状態でした。

ところが2月3日をもってこのポイント付与が終了することになりました。

キャッシュバック対象取引変更のご案内

ということで、モバイルSuicaにKyashを使っていた方は、Viewカードなどによるチャージに変えるのが良いと思います。

変わらず価値の高いKyash

モバイルSuicaの件は残念ですが、2%+になるメリットがあるので引き続き活用おすすめです。

Kyashをこれから作りたい方はポイントサイト「すぐたま」がオススメです。
先着順ですが、400マイル(200円分)付与されます。


3/31まで!Amazonギフト16%分

セゾン・UCカード VISAキャンペーン

3,000円分利用で、500円分のAmazonギフトがもらえます。
条件はこちらです。

  • Amazonで3,000円分購入
  • セゾン・UCのVISAカードを利用
  • 2018/3/31まで
  • エントリーをする

正確な情報は公式サイトを参考にしてください。
https://www.saisoncard.co.jp/cpn/amazon1802/

購入額3,000円に対して500円分のAmazonギフトということで
500➗3000=16.6%分のギフトが得られます。
実質還元率でも14.2%の高還元率です。

クレジットのポイントも勘案してみる

クレジットカードでは1%くらいの還元が一つの目安になると思います。
セゾン・UCカードを使っていない場合、例えば高還元と言われる
漢方スタイルクラブカードを使ったとします。

1.25%でモール経由で1.75%還元相当になります。

一方当然、セゾン・UCカードもポイント還元があります。
通常通りの還元率で0.5%還元。加えて、セゾンポイントモール
経由で合計1%還元相当となります。

元々が14.2%還元相当なので迷うことなくセゾン・UCカードが
お得となります。

よっぽどの超高額購入でもない限りはセゾン・UCカードで買うのが良いでしょう。

こんな方におすすめ

Amazonのユーザ出ないと、せっかくのAmazon500円ポイント還元の
メリットがないのでそこだけ注意すれば万人に優しいキャンペーンだと思います。

漢方スタイルクラブカードが終了。グラフで比較してみた

高還元率の代名詞が終わる

最近では高還元といえば、漢方スタイルクラブカードが主流だったと
思いますが、Reader’sカードに自動的に変更が進められるそうです。

http://www.jaccs.co.jp/service/card_lineup/teikei/kampo/kaitei_2017.html

 

高還元率の代名詞が終わる

最近では高還元といえば、漢方スタイルクラブカードが主流だったと
思いますが、Reader’sカードに自動的に変更が進められるそうです。

http://www.jaccs.co.jp/service/card_lineup/teikei/kampo/kaitei_2017.html

オトクなカードの比較をしてみる

記事を書く前にすでに記事で良いのがないか探したところ有りました。

【悲報】ジャックス系還元率1.5%カード全滅。さらに冬の時代へ

すでに事足りてしまっているのですがせっかくなので、
今や多数ある1%還元カードとの比較をしてみました。

先ほどのブログにもあるように出口戦略が重要ですので一概に比較しても
だめなのですが、それでも参考にればとグラフにしてみました。

いくつか見るポイントがあります。

単純にReader’s Cardの年会費が無料相当になるのは約19万8千円です。
ただ、これでは、年会費のマイナスを穴埋めするための金額でしかなく、
Reader’s Cardを選ぶよりも1%無料カードを選んだほうが還元率が良くなります。

つまり、Reader’s Cardと1%無料カードのグラフの線がクロスするポイントが1%無料カードよりもReader’sカードが
お得になる金額です。30万円がReader’s Cardが1%無料カードに勝てる境目になります。損益分界点とですね。

さらに高還元でほぼ同率になりつつあるリクルートカード(1.2%)と比べるとこちらも年会費が
無視される30万円が境になります。

年間利用額が30万以下であれば、Reader’sはおすすめできません
30万を超えるのであれば、Reader’sでもリクルートカードでもそんなに差はないです。
100万使っても600円しか差が出ないので使い勝手で選んでしまって良いと思います。
1%無料カードなら2000円ほど差が出るので検討してもよいかもと思います。
それでも利用額の0.2%の得でしかないですが。

クレジットカードの支払いサイクルを確認するツール

クレジットカードは現金と比べて支払いを遅らせることができるものです。

クレジットカードには締め日と引き落とし日の2つが設定されています。
この締めと引き落としの間が空けば開くほど支払いは遅らせることができ、
いわゆるキャッシュフローの改善につなげることができます。

計算を簡単にするために作ったツールはこちらです。

これを使うことでカード利用日から実際の引き落とし日までの最小日数・最大日数を確認できます。
例えば、アメックスカードは締め日が20日、支払いは翌月10日です。

これを上のツールで確認すると最小で21日間、最大52日間の支払猶予ができます。
最小となるのは締め日当日の20日にカード利用日になった場合です。
最大となるのは締め日の翌日の21日にカード利用日になった場合です。
これは比較的短いです。

一方長いと言われているのがセゾンカードで月末締めの翌々月4日引き落としです。
最小でも35日、最大では66日も支払いを遅らせることができます。

日数だけで見ればわずか14日の差ですが、金額や事業を行っている人にとっては死活問題
になり得ます。

特に1日変わるだけでも現金が増えるフリーランスのような人には大きな違いです。
セゾン系カードは還元率が1%未満だったりするので私は支払いは長く、かつ還元率もよいポケットカードがお勧めです。

ふるさと納税とYahoo!カードの相性がいいかも

ふるさと納税でさらに得ができるか

ふるさと納税は元々税額控除になるためお得な制度
です。

さらにクレジットカードを使うとそのポイントがお得です。
クレジットカードには、漢方スタイルクラブカードや
リクルートカードプラスがnanacoチャージとの絡みもあり
お得です。

nanaco関連記事

リクルートカードプラスが9月でnanacoチャージにポイント付与を
やめてしまったので、後継が探されているかと思います。

ふるさと納税全般ではないですが、ふるさとチョイスを使うので
あれば少し得ができます。

Tポイントは期間限定ポイントも公金払いに使える!

Tポイントでさまざまなキャンペーンで期間限定ポイントを
もらうことがありますが、利用先は限られています。

そのうちのひとつにYahoo!公金払いがあります。

Yahoo!カードは作成時にTポイントの期間限定ポイントが付与
されるキャンペーンをやっています。

これをYahoo!公金払いに使うことが出来ます。
当然Yahoo!カードの利用で得られるTポイントも使うことが出来ます。

税金支払をYahoo!カードによるnanacoチャージで利用。1%付与
このポイントを利用して漢方スタイルクラブカードでふるさと納税
を実施、Tポイントを利用などという形をとることが出来ます。

実際に計算してみる

税金支払に10万円、ふるさと納税に1万円分で考えると

税金支払をYahoo!カード払い(nanaco利用)してTポイントで1000pt取得、
ふるさと納税にこのポイントを利用して残金を漢方カードで払うと
Jデポで24pt(120円分)取得することとなります。

つまり、約1000円引きの約10万9千円で11万円分の支払いができます。

もちろんYahoo!カード以外にもnanacoチャージでポイント付与がある
カードはあります。しかし換金性は漢方スタイルクラブカードが良いです(ただし0.5%)。
他のカードはリクルートカードや楽天カードは1%還元ありますが換金性が低いので
まず誰でも毎年利用しそうな公金払いで使えるTポイント付与は換金性の観点で
良いのではと思います。
仮に漢方スタイルクラブカードで納税もしてしまうと、
漢方カード払い(nanaco利用)でJデポ50pt(250円相当)、
ふるさと納税の支払還元にこのポイントを利用して漢方カードで払うと
Jデポで24pt(120円分)取得することとなります。

つまり約300円引きにしかなりません。

もちろんリクルートカードでポンタを元々使っている人、楽天カードで楽天市場を
元々使っている人には関係ないですが、公金払いでも使えるTポイントはありがたいです。

スタバ好きにオススメの実質割引

クレジットカードで大幅ポイント還元

スターバックスはあまり値引きサービスをしていませんが、
年末にエポスカードにてポイント還元キャンペーンを良く実施しています。

通常0.5%の付与率ですが、キャンペーンのため、1000円分のチャージで
通常のカードであれば10倍の50エポスポイント、
プラチナ・ゴールド会員であれば15倍の75エポスポイントが付与されます。

2015/11/1 – 2016/1/31 キャンペーンページ

1エポスポイントあたり1円なので、通常会員で5%還元、プラチナ・ゴールド会員で7.5%の
大幅還元となっています。

スターバックスは2回利用で1000円前後かかるため、回数からある程度逆算してチャージすれば
お得にコーヒーを楽しめそうです。

漢方スタイルクラブカードのポイント還元が再び改悪

ポイント還元率ダウン

以前はnanacoのチャージポイント激減という内容でした。
今回実施は2つ

2015年12月より 7ポイント/2000円 が 6ポイント/2000円になります。

また年間利用ポイントによるボーナスポイントがありますが、
2016年2月より 3500ポイント利用でボーナス500ポイントだったものが
3500ポイント利用で350ポイント付与に変更されます。

今までは300ポイントで1500円の請求額割引があったので、1.75%還元カードが
1.5%還元カードになったと考えられます。

年会費が税込み1620円ですので、年会費分得をするには最低限108,000円必要となります。
今までは約85714円で年会費分の還元だったので2万円ほど最低ラインが上がってしまいます。

カード比較では実質還元を考えるのが大事

以前の記事に書いたように、他のクレジットカードと比較をする場合にはこの108,000円(年会費分)
だけを目安にしてはいけません。年会費無料1%還元のカードは多いです。

年会費無料1%のカードと比較しても高還元となる金額を計算してみます。

X  ✕  1% = X  ✕  1.5%  −  1620円
X  =  324,000円

324,000円を年間に使えば、年会費無料1%還元カードに並ぶことがわかります。
ただ、今回改悪ではありましたが、漢方スタイルクラブカードの場合は年間ボーナスもあります。
これも加味するとこんなイメージになります。

image (4)

横軸は年間の利用金額で、縦軸は還元ポイントによる割引額です。
1.5%は漢方スタイルクラブカードのケースです。2回折れ曲がっていますが
これはボーナスポイントの影響です。

グラフからは正確な数値が見えませんが、約13万4千円くらいでボーナスポイント250ポイントが
もらえてこの時点で無料還元1%カードを上回ることができます。

長くなりましたが年会費無料1%還元クレジットカードに勝つには13万4千円の年間利用の有無が鍵となります。

Recruit Cardとその他のカードを比較

2%還元のRecrit Plusカード

Nanacoポイントのチャージできるクレジットカードとして利用されていた
漢方スタイルクラブカードが6月からNanacoチャージに限り大幅還元率ダウンとなります。

これにより他のカードも候補に上がってくると思いますがRecruit Cardが最有力かと思います。

初期費用を越えるメリットを得るための年間利用料

単純に還元率で言えば、Recruit Plus Cardはダントツで抜けており、比較対象にならないと思います。
しかし、単純計算では行かない要素に年会費とポイントによる還元の2つがあります。

Recruit Plus Cardは年会費2000円です。つまり、単純計算で10万円は使わないと年会費分の回収が
できません。しかし年会費分の元を取るか取らないかギリギリで行くなら無料で使える1%還元カードの
方がいいでしょう。

無料1%カードを上回るには20万円以上の利用が必要です。

現金とポイントは別物

ポイントと現金は別物です。楽天ポイントが1万ポイントあっても近所の八百屋で野菜を買えませんが
現金であれば何でも買えます。使えもしないポイントは無価値と言ってもいいでしょう。

このあたりは得るポイントの利用頻度によりますが、私はリクルートポイント(ポンタポイント)を、
現金の80%の価値で計算してみました。

image (3)

青色とオレンジがポイントと現金が等価だと計算した場合です。20万円の利用以降は
Recruit Plus Cardがお得です。

水色と赤はポイントを80%の価値で計算しなおしたものです。この場合は約26万円の利用以降は
Recruit Plus Cardがお得です。

仮に1%無料カードのポイントを現金と等価と考え、2%カードのポイントを80%の価値と考えた場合は
Recruit Plus Cardで得するには34万円も利用が必要となります。

まとめ

ポイントは還元率だけでなく、初期費用と、ポイントの自由度もきちんと見た方がよさそうですね。
Recruit Plus Cardはポイントサイトハピタスからの申し込みで更にポイント追加がもらえます。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス