楽天銀行の1週間定期が勝負を仕掛けている→仕掛けていた(更新有り)

以下の記事と現状は変わっていますのでご注意ください。金利低下後についての記事はこちら
大げさなタイトルかもしれませんが楽天銀行が1週間0.5%の定期を出してきました。
ここ最近では同0.5%で3ヶ月の静岡銀行がありましたが1週間は利用しやすさでは有利です。
せっかく昨日新生銀行 vs スター銀行という記事を書いたのですが
さっそく更新が必要になってしまいました。
同様に元金と期間により、有利になるスピードは変わってくるのですが、ここでは100万円元金で比較したいと思います。
前回同様に、新生銀行は100万円あれば他行宛振込手数料はかからないという前提にしています。
赤字脱却
・スター銀行では8週間かかる
・楽天銀行では4週間かかる
新生銀行を上回る
・スター銀行では15週間(3ヶ月ちょい)
・楽天銀行では(わずか)5週間
このため、1ヶ月ほど楽天銀行がこのままの金利を維持できればあとは移動させても赤字はなく、
1ヶ月と1週間変わらなければ新生銀行・スター銀行よりもよい金利となります。
※計算ミス等責任は持てないので投資の際には自己責任でお願いします

以下の記事と現状は変わっていますのでご注意ください。金利低下後についての記事はこちら

新生銀行の2週間定期 vs スター銀行の1週間定期

高金利短期定期で有名な2行ですが、どちらのほうが得なのか考えてみました。
新生銀行2週間定期 0.15% (2014/6/22時点)
スター銀行1週間定期 0.3% (2014/6/22時点)
普通に考えればスター銀行の勝利です。しかし、出口まで考えないと損得はわからないものです。
新生銀行は100万以上預けていれば他行宛の出金でも5回までは手数料が無料です。一方スター銀行は他行宛は324円かかります。
例えば両方に100万を2週間預けた場合、新生銀行では利子46円、スター銀行92円となります。ところが、スター銀行は出金手数料が324円かかりますので
預けた後に他行へ動かすと手数料の結果232円の赤字となります。
では、どれくらいの金額、期間を預けたらスター銀行のほうが得なのでしょうか?
計算を簡単にするため、試算は100万円以上の元金があるものとします。これにより新生銀行は手数料無料と計算できます。
式はこうなります。
(元金 x スター金利 x 税率 x 期間 -324) - (元金 x 新生金利 x 税率 x 期間) > 0
定数を計算するとその結果
期間(日数) x 元金 > 98,939,574.5748886
となります。
例えば元金100万だと スター銀行が有利になるのに必要な日数は98日と計算されます。500万だと19日でスター銀行が有利になります。
当たり前ですが、元金と日数が長いほどスター銀行が有利になります。
この図は100万円で計算した場合です。横軸は週です。約1年(52週間)でのグラフを書いています。

最後に1点注意ですが、東京スター銀行は振込の標準の上限を1日100万円としています。そのため、500万預けてしまうと全部他行に振り込むには6回手数料を払う必要があります。
約1900円もの手数料が発生します。スター銀行のサイトを見る限りは振込限度額の変更はできるようなのでこれで限度額を上げておかないと1度の手数料で済まなくなります。
日数などは当サイトでは保証いたしかねますので最終確認は自己責任にてお願いします。

ソニー銀行のキャンペーンがすごい 100万ごとに500円プレゼント

ソニー銀行が100万円振り込むと500円プレゼントのキャンペーンをやっていたのですが
内容がパワーアップして100万円ごとに500円プレゼントに変わりました。
預入額の判定額は2014年3月31日(月)午後11:59です。
条件1
1度の振込額が100万円以上でなくてはいけないです。
条件2
2月1日午前0時の残高から、判定時の残高の増加分が対象となります。
100万で500円
200万で1000円
500万で2500円
1000万で5000円
1億円で5万円(上限)
がもらえます。
キャンペーンでちゃんと得するためのポイント
 ソニー銀行への振込手数料
 ソニー銀行からの振込手数料(他行宛210円)
 月1回の手数料払い戻しは翌月10日
 キャンペーン額の振込は4月下旬
ルール上は2営業日程度でプレゼントがもらえてしまいますが
手続き上多めに見て、2週間考えても100万を2週間で500円にする利率は1.3%(年利計算)となります。
実際にはキャンペーン額がもらえるのが4月下旬であるので実質的な利回りは多少低下する事になると思いますが
それでも大きなキャンペーンです。
当サイトではルールの変更などには対応できないので正しい情報はソニー銀行のページをご参考ください。
http://moneykit.net/visitor/promo/promo_dc/promo_dc04.html
ソニー銀行へ感謝しつつ使わせていただこうと思います。