毎月分配再投資の利益の考え方にご注意!

毎月分配再投資の利益

毎月分配再投資の投信は以前ほどではないにせよまだまだ人気があるようです。
私が買った投信は10,000円分買いました。今は評価額は18,000円です。

つまり財布から10,000円だして、買ったものが、売ったら18,000円になる!

つまり利益は8,000円

・・・ と思いますよね。(思わない方はこの記事は無用です)

証券会社のサイトでは赤字に・・・

私の証券会社で損益表示をするとなんと5%も赤字になっています。
このからくりを説明します。

取得単価という項目が購入したときの単価として計算に使われる値です。
紛らわしい言い方ですね。取得単価について詳しくは別記事で。

取得単価 x 保有数 = 取得額 20,000円
現在単価 x 保有数 = 評価額 18,000円

となっていて、私の場合、取得額が評価額より5%高くなっています。

10,000円しか払っていないのに、なぜ取得額が20,000円になっているかというと、
分配金を再投資しているためです。

つまり、私の財布は介していないものの、分配金が一旦私に入り、それを再度
投資にまわしているため、分配されればされるほど、取得額は増えていくのです。

それ以上の成長を見せれれば当然、損益表示は黒字になります。

これって得なの損なの?

前回、簿記の対策で書きましたが、損益は本来個人の感覚に拠りません。
しかし、あくまでもで簿記的な、税務的な話としてです。

10,000円をしばらく放置して18,000円になったら得をした(利益を得た)と
思うのが普通の人の感覚かと思います。

これを実際には20,000円分の投資をしていることになるので
5%の赤字、と表示しているのが証券会社の表示なのです。
同じように、税務署もこのタイミングで売却した場合は株式で5%の
損を出したと判断します。簿記も然り。

これをもとに、投資の指南書などでも分配型を投資効率が悪い
といっていたりします。

投資効率が悪いことは事実ですが、8000円増えた上に、
損として税務署が見てくれるというのは個人から見たら全然
有りだと思います。

株式・投資信託の複利効果

株式・投資信託投資に複利効果はある?

NISAなどの投資などを勧めるサイトでは、投資結果予測ツールを公開しているケースが多いです。
果たしてこれは正しいのかというお話です。

特に複利効果について触れているところが多く、「予測リターンを入力し、30年後に
いくら」と表示するようなものが多いです。

先に複利の説明

複利は利息を投資にさらに組み入れて投資を継続することで得られる利息です。

年10%複利投資
100円投資して1年後に10円を利息として入手。翌年は110円で投資
という状態です。

年10%単利投資
100円投資して1年後に10円を利息として入手。翌年も100円で投資

複利では投資額(とともに資産額)が雪だるま式に増えています。

株式や投資信託でも同じことが言える?

当然同じようにはなりません。まず、価格が上下に変動するためです。
つまり上の例で言えば、110円投資した翌年には利息として11円が期待されますが
株式投資では翌年に1円も価格変動が起きなければ110円のままです。

価格変動は起こりうる、という前提に立ったときに使う指標として、期待リターンが
あります。
確率を使ってあげて、短時間で部分的に発生する上下を意識しないで投資予測を
するために使います。

しかし、期待リターン自体も変動するので、この値を使うこともできません。
多くの一般的な個人投資家の場合は、上振れして税金を大きく取られることは
リスクとして考えていないと思います。

そのため、もし、複利計算をしたいのであれば期待リターンにさらに、突然の
大きな下落などのリスクを織り込んで計算するのが良いでしょう。

期待値を考えると複利として成立しそうですが、価格の上下があるので
長期で投資を考えていないとなかなか複利としての振る舞いをしないと思います。

結論としては
期待リターンが設定できている人にとっては複利としてみなせる
期待リターンを得られるだけの長期での投資を前提としているなら複利とみなせる
というのが私の結論です。

NISAだけじゃない。個人型日本版401Kもお得な商品

個人型401Kとは

政府も盛り上げを画策しているNISAですが、以前からある個人型401Kも忘れてはいけない税金優遇商品です。

確定拠出年金制度のことです。対になるものが確定給付年金制度です。
違いは、年金制度のうち確定しているのが拠出か給付かです。
意味を覚えるには拠出・給付のあとに額をつけるとだいたい分かるかと思います。

確定給付(額)年金 つまり積み立てた結果の給付される額が確定(決まっている)しているのが確定給付年金です。
確定拠出(額)年金 つまり積立に使うお金(拠出額)が確定(決まっている)しているのが確定拠出年金です。

個人型というのをつけていますが、企業型というのもあります。この投稿では個人型を対象に書きます。

税制メリットがあります

  1. 拠出額は所得控除対象
  2. 運用中の運用益が非課税
  3. 年金受給が控除対象
  4. 401K用商品は好設定

1.拠出額は所得控除対象

簡単に説明すると、「毎月の掛け金分、給料から差し引いて所得税計算をする」ということです。
やや正確さにはかけますが概ねこのイメージで良いと思います。毎月1万、年間12万を掛け金にしてたとすると、
所得税計算に使う給料額から12万を引いて計算されることになります。
通常の投資と比較してみましょう。

年収300万で年間12万の商品を買った場合
通常商品 ・・・ 手持ちの金額は288万+12万分の商品。所得税対象額は300万のため、所得税額は202,500円
401K ・・・ 手持ちの金額は288万+12万分の商品。所得税対象額は288万のため、所得税額は190,500円
結果、納税額は401Kの方が、わずか1年間で1万2000円も得です。投資額の10%も差分で出てくるので節税効果の大きさが
わかるかと思います。

2.運用中の運用益が非課税

401Kでは商品によって、分配金が発生する商品があります。これらは通常であれば約20%もの税金が取られますので
複利効果は弱まってしまいますが、401Kでは非課税となっています。

通常商品 ・・・ 配当金で1万円。税金で2000円取られ、結果8000円の利益
401K  ・・・ 配当金で1万円。税金は取られず、結果1万円の利益

3.年金受給が控除対象

一括受け取りであれば退職金扱いで控除が受けれます。

4.401K用商品は好設定

投信で商品名に「年金」や「DC」が付いている商品を見たことがないでしょうか?これらは多くが好設定となっており、
購入手数料が安かったり、信託手数料がやすかったりします。これは商品にもよるので傾向、と思っていただいたほうが良いかもしれません。
信託財産留保額が0円のものも有ります。

デメリットもあります

年金なので掛け金の受け取りは60歳になってからです。そのため、現時点で積立により、生活に支障を来す場合は避けたほうがいいと思います。

注意点はこれ

まず大事なのは加入条件を満たせるかどうかです。
主に加入できない人はこちらです

  • お勤めの企業で、厚生年金基金、確定給付企業年金、石炭鉱業年金基金のいずれかに加入している方
  • お勤めの企業で、企業型年金に加入している方

詳細な条件はこちらをご覧ください。
http://www.npfa.or.jp/401K/about/qualification.html

また、運用については売却ではなく「スイッチング」という方式を取ります。スイッチングは売却をし、その売却額を利用し、新規に商品を購入します。要は買い替えですね。
先ほど書いたように購入手数料が無料・信託財産留保額が0円の商品もあったりしますのでその場合は、スイッチングコストは0とみなすことができます。

また、大抵の401Kで元本保証の商品が設定されています。元本割れが怖ければこれを購入しておくことで、将来の蓄え+税額控除のメリット
が受けられます。

やるかどうかはここで判断

大きく利益を上げたい方ももちろんやる価値があると思います。
リスクを取りたくない方も元本保証もあるので「将来のための蓄え」が許容できるかどうかで判断できるのではないでしょうか。

最初に書いたように年間約12万の投資で1万2000円も浮くというのは大きいと思います。

まずは元本保証にしておき、様子を見て少しだけ投資というのも十分ありだと思います。


NISAでの配当金再投資に注意

NISAが来年から限度額を倍にする見込みなど、好評・好調のようです。

配当受取口座の指定方法が重要

配当の受け取り口座はNISAでしょうか?

実はNISA口座で購入した方も実はそれだけでは安心できません。

受取口座もNISAにしていないと課税されてしまいNISA口座で買ったメリットが無くなってしまいます。

また再投資がある商品(や証券会社)の場合、場合により一般口座受け取りもしくは特定口座受け取りになってしまい、

NISA口座での再投資にならなくなってしまいます。例えばSBI証券がこれにあたります。

 

もともと目いっぱいNISA口座を使っている方であれば問題ないのですが、複利効果も含めNISAで受け取りたい人にとっては問題です。

毎月配当・再分配の商品を買ってしまった場合には毎月NISA口座から一般・特定口座にポートフォリオが移管されていくイメージに

なりますので要注意です。

投資信託の成果とNISAへの切り替え

積み立てていたかいもあり、平均して20%程度の利益になったためある程度売却しました。
売却に対する戦略はしっかりときまっていなかったので増えている範囲だけ売却しました。
2013年末で減税措置が終わり10%から20%に課税が増えるというのも理由の一つです。
引き続き積立は続けようと思っているのですが、NISAが減税に代わり出てきたので新規購入分から切り替えました。
従来のものを残したのは今後の値上げを期待してです。
NISAの枠は100万なので12ヶ月で割ると月あたり8万程度の投資になります。
損金の繰越ができないのは難点ですが、NISA期間内での売却を前提に調達することにしました。

続きを読む

2013年03月 投資信託 運用成績

今までのブログの記載方法が結構手間なので簡易版で書きます。
低迷時にも淡々と積み立てていたものが大きく値上がりしています。
SBI資産設計オープン(スゴ6) 2010/03 積立開始
+10.92%
ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 2010/09一括購入
+39.07%
SMT 新興国株式インデックス・オープン 2010/12 積立開始
+24.48%
SMT 新興国債権インデックス・オープン 2011/01 積立開始
+26.40%
去年の7月に合計の損益率が0%になり、現時点では+29%です。
全体の損益率