私的税金支払いのまとめ

税金の支払いテクニックをまとめてみた

前回の投稿も踏まえ税金支払い方法をまとめます。
注意:当サイトではnanacoチャージを0.5%還元として書いています。

注意2:ファミペイのチャージ還元については独自に確認しただけなので当サイトで保証できないことご了承ください

税金種別から方法をまとめる

国税

国税には所得税、法人税、法人税などが含まれています。
国税の場合は 国税クレジットカードお支払サイトが有効です。
手数料はかかるものの1%を超えるクレジットカードを持っている場合は得します。ただし、場合によってはnanaco、ファミペイで0.5%還元の方がおとくかもしれないので 国税クレジットカードお支払サイトの決済手数料試算ツールを使って比較してみてください。

例えば40,000円の場合、328円決済手数料がかかるので、0.82%の手数料となります。これに1%還元カードを利用すると403円還元です。
結果、40,328円 - 403円 = 39,925円相当の支払い
一方、nanaco、ファミペイでは0.5%還元なので200円還元となります。
こちらは40,000円-200円 = 39,800円相当の支払い
となるため125円の差額が出ます。
国税の場合は、試算して、nanaco、ファミペイと比較という癖を付けるのが大事だと思います。

国税クレジットカードお支払サイトとnanaco・ファミペイで比較して利用と覚えましょう

地方税

地方税には住民税、固定資産税、不動産取得税などが含まれます。
地方税は大きく3つの方法があります。

  1. Yahoo!公金払い
  2. 自治体独自の支払い
  3. nanaco、ファミペイ

Yahoo!公金払いは対応している自治体、対応していない自治体があるので確認してみてください。 国税クレジットカードお支払サイト同様に手数料がせっていされています。

自治体独自の支払いサイトは自治体によるのでお支払い先の自治体で調べてみてください。

nanaco、ファミペイについては前回の記事の通りです。

 

まとめ

基本的には 「国税クレジットカードお支払サイト or Yahoo!公金払い」vs 「nanaco、ファミペイ払い」です。
支払いのたびに調べてお得な方で納税しましょう

ファミペイでお得に税金払い。チャージポイントについて問い合わせてみた

7月1日からファミペイ開始

ファミペイはファミリーマート用の新しいPayサービスです。
利用でファミペイボーナスが0.5%付与されます。

本記事は一応私の確認した範囲で書いていますが結果については
保証いたしかねます。ご了承ください。

nanacoの対抗になりうるか

「nanaco 税金」で検索するとバーコード払いの固定資産税などが結果安くなるという情報が出てきます。nanaco払いそのものはポイント付与されませんが、nanacoに対するチャージはクレジットカードによりポイント付与されます。

一方、ファミペイはどうかというと、ファミペイも税金の支払いに使えるという情報がネット出てています。変わらず支払いではファミペイボーナスは付与されないのですが問題のチャージについてまとめます

ファミペイのチャージはファミマTカードのみ

nanacoと違いチャージはファミマTカードのみだそうです。
問題のチャージにおけるポイントですがどこにも記載がないのでファミマTカードに問い合わせてみました。

最大の焦点、チャージでポイントはつくのか

回答としては「ファミペイボーナスとして0.5%付与される」でした。
公式情報としてはWebで確認できないのですが、これが本当であればnanacoと
同等になります。

また、nanacoと違い、1日10万、1月100万までチャージできるので高額な税金支払に向いているとも言えます。

1日の上限は10万円、1カ月の上限は100万円までとなりますのでご注意ください

https://www.family.co.jp/services/smartphone/famipay.html

注意

注意:ちなみに試した限りは残高の上限は10万のようでエラーが出ました。ですので2日に渡ってチャージしても20万の残高にすることはできなそうです。
また、1度の会計中にチャージして継ぎ足し会計はできないようです。最大10万円分までが払えるとういことになりそうです。10万円を超える部分は現金で支払うことになります。

カードの日は今月まで!

ファミマTカードは毎週火・土をカードの日としてカード利用時のTポイントを増量しています。
ファミペイ登場に合わせて、7月限りでカードの日は終わるのですが今月が最後のチャンスでもあります。

まとめ

あくまで確認した限りですがファミペイの税金支払いにおいて以下の利用ができそうです

  • ファミマTカードによるチャージでファミペイボーナスが0.5%付与される
  • ファミペイの税金支払いにはポイントが付与されない
  • チャージは1日上限が10万円
  • 1度の支払いは10万円分までが利用可能
  • 10万円を超える税金については現金と併用で支払い可能

2019年7月 キャッシュレス等 還元メモ

自分用メモです。2019/07/12更新

ファミマTカード(iD) 2019年6月1日〜7月31日 
初めてApple Pay 15%ポイント還元 最大10,000ポイント還元

ファミペイ 2019年7月1日〜7月31日 
FamiPayチャージで最大15%還元 最大20,000円分還元

楽天Pay+楽天カード
第1弾:2019/5/15(水)10:00~7/1(月)9:59
第2弾:2019/7/1(月)10:00~9/30(月)23:59
楽天カードを設定したお支払いでずーーっと実質最大5%還元キャンペーン

セブンイレブン 7/11〜7/21 LINEまたはメルペイまたはPaypay
20%還元。最大1,000円分まで還元
史上初!3社合同キャンペーン

Tポイント払い 毎月25日 が1.5倍増し扱い ウエルシア薬局

上記に当てはまらない場合

Kyash残高がある場合
楽天Pay+Kyash+カード で 2.5%+カード分
Kyash+カード で 2%+カード分
Kyash残高がない場合
楽天Pay+カード で 0.5%+カード分
PayPayはYahooカードで3%

終了

まだない

2019年6月 キャッシュレス等 還元メモ

自分用メモです。2019/06/15更新

ファミマTカード(iD) 2019年6月1日〜7月31日 
初めてApple Pay 15%ポイント還元 最大10,000ポイント還元

楽天Pay+楽天カード
第1弾:2019/5/15(水)10:00~7/1(月)9:59
第2弾:2019/7/1(月)10:00~9/30(月)23:59
楽天カードを設定したお支払いでずーーっと実質最大5%還元キャンペーン

メルペイ 6/14〜6/30 iDまたはコード支払い
50%還元。ファミマ・セブンは70%還元で最大2,000ポイント還元
日本全国まるっと半額還元!キャンペーン開催

Tポイント払い 毎月25日 が1.5倍増し扱い ウエルシア薬局

上記に当てはまらない場合

Kyash残高がある場合
楽天Pay+Kyash+カード で 2.5%+カード分
Kyash+カード で 2%+カード分
Kyash残高がない場合
楽天Pay+カード で 0.5%+カード分
PayPayはYahooカードで3%

終了

LINE Pay 2019年6月1日〜6月9日 
Payトク 15%ポイント還元 LINEカードを除く (QRコード払いで3%+マイカラーで最大2%) アプリを使うと最大10,000円分まで還元

高資産家向け 高還元デビットカード

常時高還元率のデビットカード

クレジットカードにせよ、デビットカードにせよ還元率といえばだいたい1%程度です。

本サイトで紹介する還元率は2%です。しかも還元に関して制限はほとんどありません。

以前、還元カードの条件を書いていました。1点忘れていたので4番目を追加しました。

ルール1.支払は固定的な店舗に限られないものが優れている(利用店舗数ルール)
ルール2.還元は現金に近い使い方できるものが優れている(還元方法ルール)
ルール3.ポイント等の利用期限が長いほうが優れている(還元期限ルール)
ルール4.端数で損をしない。xxポイントまで貯めないと還元できない、xxポイント単位でしか還元できないなど制限がない(端数ルール)

今回紹介するカードはこの条件のいずれもクリアしています。
が、ここで触れられていない大きな制限があり、一気に超難易度なカードとなっています。

常時2%カード

今回紹介するカードは還元率のスペックはこちらです

  • 還元率2%
  • ほとんどの店・オンラインストアで利用可能(VISAデビッドカード)
  • 還元方法は自動的に翌月にキャッシュバック

どうでしょう。ここまで高還元なカードは無いと思います。
カード名はSony BankWalletです。
名前のとおりSony銀行が発行しているデビットカードです。

2%還元への条件

Sony Bank Walletは通常は0.5%還元しかありません。
2%還元となる問題の条件ですがこちらです。

Sony銀行が実施している優待プログラム Club Sのプラチナクラスの特典です。

月末の外貨預金残高(円換算額) + 月末の投資信託残高 +
20日時点の 「WealthNavi for ソニー銀行」の資産評価額 (円換算額)
が1000万円です。

いかがでしょうか。1000万円の日本円資産であればまだ可能な方もいると思いますが、こちらの条件ではかなり厳しいのではないでしょうか。さらに実際にデビットカードで利用する予定の円預金口座への残高はこれとは別に必要です。

手っ取り早いところで、国内債券の信託に1000万円かなと思いますが1000万円をポンと出せるような高資産家でないと1000万円分(円預金に対して)リスク資産を保有し2%の還元を得るメリットが出ないと思います。

さらに+2%もいける

以前紹介したKyashを使うことで、2%分追加し、4%還元カードとして使うことも可能です。

ハードルはとても高いですが、1000万円程度は何てこと無いよ、という方であればお勧めのカードです。

Paypayなどキャッシュレスサービスの期間限定キャンペーンにはさすがに敵わないですが、
2019年6月以降、PaypayはYahoo!カードと組み合わせて3%還元になります。
支払方法の限られるPaypayなので還元率で下回る時点で利用価値は大きく下がります。

利用先に制限を加えればさらに+0.5%もいける

楽天PayとPaypayは支払元にKyashを入れられます
そのため、そのどちらかが使える店舗の場合には4.5%還元ということが可能になります。

Sony Bank Walletが2%の人のための基本ルール

基本的にはKyash+Sony Bank Walletを軸に組み立てます。最悪Sony Bank Wallet 単体で2%カードです。

Kyash 限度額(月12万、一回5万)以内であればKyashを利用→+2%カード相当
楽天Pay、Paypay利用可能店
→+0.5%カード相当

基本的にはKyashで支払い、楽天Pay、Paypay加盟店であればそちらを利用となります。

Kyashに限度額がきた場合は、Paypay+Yahoo!カードで利用が3%で次点となります。

ふるさと納税などでKyashが使えない場合は、楽天Pay+Sony walletなどで2.5%です。



KyashでモバイルSuicaが対象外に

使わない手はないKyash

Kyashは送金サービスですが、Visaデビッドとして利用することができます。
ポイントは2つあります。1つ目はKyashの利用で2%のKyash残高をもらうことができます。Visaデビッドとして使えるので、実質現金還元と言えます。2つ目はチャージ方法です。チャージにクレジットカードを使うことができます。1%ポイント付与のクレジットカードを使うのであればクレジットカードの1%とKyashの2%の合計3%相当を得ることができます。

Suicaでも利用できていた

モバイルSuicaのチャージにKyashを使うことができました。結果、通常のクレジットカードチャージにさらに2%加えた形でSuicaが利用できるという状態でした。

ところが2月3日をもってこのポイント付与が終了することになりました。

キャッシュバック対象取引変更のご案内

ということで、モバイルSuicaにKyashを使っていた方は、Viewカードなどによるチャージに変えるのが良いと思います。

変わらず価値の高いKyash

モバイルSuicaの件は残念ですが、2%+になるメリットがあるので引き続き活用おすすめです。

Kyashをこれから作りたい方はポイントサイト「すぐたま」がオススメです。
先着順ですが、400マイル(200円分)付与されます。


「%ポイント還元」と「%オフ」は違う!

%ポイント還元と%オフはどちらがお得?

いきなり結論を言うと、%オフの方がお得です。2つの観点からお得さを考えてみます。

  1. ポイントはあくまでもそのサービス専用のチケット
  2. ポイント還元率を値引率で計算し直すと大した割引になっていない

ポイントは特定のサービス専用

これはポイントに限ったものではなく、プリペイドカードなども同じです。
ポイントやプリペイドカードにチャージしてしまった時点で現金よりは通常価値が下がります。

楽天ポイントで家賃は払えないですし、税金も払えません。現金より価値が下がっていることの証です。
そのため、オークションサイトではプリペイドカードが数%引きで取引をされています。

値引率で比較してみる

こちらが本題です。実際のところ私もちゃんと考えておらず、このサイトで初めて認識しました。

ポイント還元の実質的な割引率

例で考えると早いです。

5000円持っています。10%ポイント還元と10%オフの場合にどれくらいポイントをゲットできるか
考えてみるとよくわかります。

10%ポイント還元

5000円使うと10%分つまり500円分のポイントが付きますので、5500円分の商品が買えます。

※通常、ポイントは次回購入での利用なので5500円の商品ではなく、5000円と500円の商品が買える
というのが正しいです。(今回の説明ではこの不利については省いて考えます)

10%オフ

5000円で10%オフで買うことができるので、X ✕ 90% = 5000円、つまり
5000÷0.9=  5555円分の商品が買えます。

違いを計算してみる

この時点で10%オフがお得なのはわかるのですが、計算的には10%ポイント還元を割引率に
換算すると数学的にもお得の差がわかります。

10%ポイント還元は5000円を出して、5500円分をゲットしているので
5000/5000=90.9%の価格で買っているのと同等、つまり、9.1%オフで買っている
のと同等となります。これを実質還元率と考えることができます。

選べるなら%オフ!

商品の購入単位などによっても正確な実質還元率は変わりますが、基本的にはこんなかんじに考えられます。

%が大きくなればなるほどこの差は開きます。

結論はわかったけど計算がわからない!という方はこちらが便利ですよ。

家電量販店のポイント還元率から実質的な割引率を計算