国税クレジットカードお支払サイトが得か試算するツール

最近では国税がクレジットカードで納付できるようになりました。

国税クレジットカードお支払サイト

クレジットカードを使うことでキャッシュフローを改善したり、ポイントを得ることができるので重宝しています。

このサイトの注意としてはクレジットカードの利用に手数料を取られるというところです。またその手数料は定額でなく、納付額に応じたものとなります。

そのため、極端な話、還元率0%のクレジットカードで納付すると確実に金銭的には損をすることになります。

手数料自体の計算は国税庁のサイトで可能なのですが、還元率と損得を試算するのがちょっと面倒だっためツールを作りました。

ツールを使わないでもおおよその目安として1万円以上の納付、1%以上還元のカードであれば大体得すると思います。

国税クレジットカードお支払サイト手数料計算

利用にあたって注意を書きます。

  1. ご利用は自己責任で
  2. カードの還元率の入力は現金相当の率にしてください
  3. カードによって付与率単位が異なるのでそこは注意が必要

注意2について解説します。

例えばカードによっては1%還元!と謳っていてもポイントから換金するのに2ポイントで一円相当だったりすることがあります。
この場合、当方おツールでは0.5%と入力していただいた方がいいです

注意3について。

こちらも還元に関わるところです。普段あまり意識されないところかもしれませんがクレジットカードはポイント付与にあたり加算対象の計算を100円単位もしくは200円単位、カードによっては1000円単位としているところがあります。

例えば1000円単位で付与しているカードの場合は999円の利用では還元率は0ポイントとなります。

当方のツールではこの点には配慮しておらず、実質還元率を単純に対象となる金額に乗じています。

以下代表的なものを書いておきます。

楽天カード 楽天ペイを普段利用するので1ポイント=一円で換算した場合、実質還元率は1%です。楽天は普段使わないので私にとっては0.5円相当だ、と思う人は0.5%とツールに入れれば大丈夫です。付与対象金額計算単位は不明でした。

Jaccs Reader’s card 1.25%でJデポに換算されるので1.25%と入力しました。付与計算単位は1000円です。

Line Pay VISA card 今は3%です。LINE payを使う人は3%で入力していいと思います。付与計算単位はわかりませんでした。

2019年10月 キャッシュレス等 還元メモ

10月のお得メモ

自分用メモです。2019/10/12 更新

キャンペーン 公式サイト一覧

楽天Pay
PayPay
d払い
LINE Pay
ファミペイ

今月のメモ

楽天Pay

2019/10/1 ~ 12/2
楽天Payのお支払いでずーーっと5%還元キャンペーン
楽天カードの通常の1%は別途付与されます。
他のクレジットカードで高還元があれば設定するのはそちらでも良いと思います。

d払い 20%還元

期間 9/15 – 10/14
条件 d払い
還元 1回の会計で1,000ポイント分(5,000円分の利用)
   累計3,000ポイント分(15,000円分の利用)

Tポイント払い 毎月25日 が1.5倍増し扱い ウエルシア薬局

上記に当てはまらない場合

Kyash残高がある場合
楽天Pay+Kyash+カード で2.5%+カード分( レジとしては楽天Pay払い )
Kyash+カード で 2%+カード分(レジとしてはクレジットカード払い)
Kyash残高がない場合
楽天Pay+カード で 0.5%+カード分 ( レジとしては楽天Pay払い )
PayPayはYahooカードで3% (レジとしてはPaypay払い)

終了

特になし