2017年第二四半期 maneo 決算書

基本的な財務諸表を見てみる

maneo9月分財務報告を分析してみました。

分析にはこちらを使っています。http://netconsul.sacnet.jp/anf/

流動比率(%)  111.74
当座比率(%)  111.74
固定比率(%)   51.01
固定長期適合率(%) 8.13
自己資本比率(%)   6.72

売上高総利益率(%)     49.94
売上高営業利益率(%)           26.19
売上高経常利益率(%)     26.34
売上高純利益率(%)     26.34
営業費率(%)     23.75

損益計算書を見る限り、粗利、営業利益ともにかなり良好と言えそうです。

その他のソーシャルレンディングの財務状況

LuckybankやCrowdbankでは公開していないのでその点でもManeoは安心感があります。

現在、社内体制・経理体制構築中により、連結開示できる状況には至っておりません。
http://equity.crowdbank.jp/?module=Disclosure&action=DisclosureQadetail&ba_id=7445

SBIソーシャルレンディングが公開していたので見てみましたが、損益計算書がないため、
利益率などは出せませんでした。

ちなみにmaneoと貸借対照表を見比べてみると

(単位 1,000円)maneoSBIソーシャルレンディング
匿名組合出資金14,119,9995,196,633
営業貸付金14,653,8954,613,295

大体、貸出金額としてはmaneoはSBIソーシャルレンディングの3倍ほどあることがわかります。

利益剰余金を見ても、maneoは485,732に対してSBIソーシャルレンディングは-663,043です。

maneoが決算書を開示

純利益約2億

利益がきちんと出ているようで投資家としてはありがたいです。

当期純利益 192,676

貸付金と出資金の差

きちんと分析できているか不安ですが・・・。
負債
 匿名組合出資金 12,096,084
に対し、
資産
 営業貸付金 12,087,325
となっています。前者が投資家が投資した金額の総額、
後者が実際にmaneoが貸し付けている金額ではないかと
思うのですが、870万ほど貸付金が少ないのが気になります。

貸倒引当金の計上

貸倒引当金として3800万計上しています。
つまりmaneoは3800万円分を返金がない可能性が
あるとして経費計上しています。
maneoの場合、貸倒引当金を営業貸付金に対しても計上できるのか不明ですが、売掛金が260万だけなので
おそらく営業貸付金に対しても設定していると思われます。

貸倒引当金 ÷ (営業貸付金+売掛金)で計算すると
約0.3%分を貸倒引当金に設定しているようです。

お金を貸している会社は通常貸倒引当金を設定するので
これがどうだ、というわけではないです。

現在貸し出し中

120億が現在貸し出し中となっているようです。
無事、元本が帰ってきてmaneo/出資人/借入人の3社が
良い方向に進むことを願います。

財務状況を報告してくれる会社は信用できますね。